8.3. ローカルストレージの準備と追加

8.3.1. ローカルストレージの準備

ホスト上にローカルストレージドメインをセットアップすることができます。ホストがローカルストレージを使用するように設定すると、そのホストは、他のホストを追加することができない新規データセンターとクラスターに自動的に追加されます。複数のホストで構成されるクラスターの場合は、全ホストが全ストレージドメインにアクセス可能である必要があり、ローカルストレージでは対応不可能です。単一ホストのクラスター内で作成された仮想マシンは、移行、フェンシング、スケジューリングはできません。必要なシステムユーザーとグループについての詳しい情報は、「付録F システムアカウント」を参照してください。

注記

Red Hat Virtualization Host (RHVH) の再インストール時にローカルストレージドメインを維持する方法は、『Red Hat Virtualization 4.0 Upgrade Guide』「Upgrading to RHVH While Preserving Local Storage」を参照してください。

重要

Red Hat Virtualization Host (RHVH) の場合は、必ず / (ルート) とは異なるファイルシステム上にローカルストレージを定義すべきです。Red Hat では、アップグレード中のデータ喪失を防ぐために、別の論理ボリュームまたはディスクを使用することを推奨しています。

ローカルストレージの準備 (Red Hat Enterprise Linux ホスト向け)

  1. ホストで、ローカルストレージとして使用するディレクトリーを作成します。

    # mkdir -p /data/images
  2. vdsm ユーザー (UID 36) と kvm グループ (GID 36) がそのディレクトリーに読み取り/書き込みアクセスできるように、パーミッションを設定します。

    # chown 36:36 /data /data/images
    # chmod 0755 /data /data/images

    ローカルストレージを Red Hat Virtualization 環境に追加する準備が整いました。

ローカルストレージの準備 (Red Hat Virtualization Host 向け)

Red Hat では、以下のように論理ボリューム上に論理ストレージを作成することを推奨します。

# mkdir /data
# lvcreate -L $SIZE rhvh -n data
# mkfs.ext4 /dev/mapper/rhvh-data
# echo "/dev/mapper/rhvh-data /data ext4 defaults,discard 1 2" >> /etc/fstab

ローカルストレージを Red Hat Virtualization 環境に追加する準備が整いました。

8.3.2. ローカルストレージの追加

以下に説明する方法でホストをローカルストレージに追加すると、ホストが新規のデータセンターとクラスターに配置されます。ローカルストレージ設定ウィンドウは、データセンター、クラスター、ストレージの作成を 1 つのプロセスにまとめています。

ローカルストレージの追加

  1. コンピュートホスト をクリックし、ホストを選択します。
  2. 管理メンテナンス をクリックし、OK をクリックします。
  3. 管理ローカルストレージを設定 をクリックします。
  4. データセンタークラスターストレージ フィールドの横にある 編集 ボタンをクリックし、ローカルのストレージドメインを設定して名前を付けます。
  5. 文字入力フィールドにローカルストレージへのパスを設定します。
  6. 該当する場合には、最適化 タブをクリックして新規ローカルストレージクラスターのメモリー最適化ポリシーを設定します。
  7. OK をクリックします。

ホストが、自己のデータセンター内でオンラインになります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。