10.5. Red Hat Virtualization における読み取り専用ディスク

アプリケーションによっては、管理者はデータを読み取り専用として共有する必要があります。これは、仮想マシンにアタッチされるディスクの作成/編集中に、仮想マシンの詳細ビューの ディスク タブで 読み取り専用 のチェックボックスを選択することによって可能となります。読み取り専用 および 共有可能 に設定すると、管理者は書き込み権限を維持しつつ、複数のクラスター対応ゲストが単一のディスクを共有して読み取ることができます。

仮想マシンの実行中には、ディスクの読み取り専用ステータスは変更できません。

重要

ジャーナリングファイルシステムのマウントには、読み取りおよび書き込みのアクセスが必要です。このようなファイルシステム (例: EXT3EXT4、または XFS) が含まれている仮想ディスクに 読み取り専用 オプションを使用するのは適切ではありません。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。