16.3. クォータアカウンティング

コンシューマーまたはリソースにクォータが割り当てられると、そのコンシューマーによるアクションまたはストレージ/vCPU/メモリーに関連したリソースに対するアクションを実行するたびに、クォータの消費またはクォータの解放が生じます。

クォータは、ユーザーによるリソースへのアクセスの上限の役割を果たすので、クォータの計算は、ユーザーによる現在の実使用量とは異なる場合があります。クォータは現在の使用量ではなく、拡張可能な最大容量を算出します。

例16.1 アカウンティングの例

ユーザーは vCPU が 1 基、メモリーが 1024 MB の仮想マシンを実行しています。そのアクションにより、ユーザーに割り当てられた vCPU 1 基 と 1024 MB のクォータが消費されます。仮想マシンが停止すると、vCPU 1 基と 1024 MB の RAM が解放されて、ユーザーに割り当てられたクォータに戻ります。ランタイムのクォータ消費は、コンシューマーの実際のランタイム中にのみ計算されます。

ユーザーが 10 GB のシンプロビジョニング仮想ディスクを作成します。ディスクの実使用量には、そのディスクの 3 GB のみが実際に使用中と表示される可能性がありますが、クォータの消費は、そのディスクが拡張可能な最大容量である 10 GB となります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。