17.3. ovirt-engine-notifier.conf 内のイベント通知パラメーター

イベント通知機能の設定ファイルは /usr/share/ovirt-engine/services/ovirt-engine-notifier/ovirt-engine-notifier.conf に配置されています。

表17.1 ovirt-engine-notifier.conf の変数

変数名デフォルト備考

SENSITIVE_KEYS

なし

ログ記録されないキーのコンマ区切りリスト

JBOSS_HOME

/opt/rh/eap7/root/usr/share/wildfly

Manager が使用する JBoss application server の場所

ENGINE_ETC

/etc/ovirt-engine

Manager が使用する etc ディレクトリーの場所

ENGINE_LOG

/var/log/ovirt-engine

Manager が使用する logs ディレクトリーの場所

ENGINE_USR

/usr/share/ovirt-engine

Manager が使用する usr ディレクトリーの場所

ENGINE_JAVA_MODULEPATH

${ENGINE_USR}/modules

JBoss モジュールを追加するファイルパス

NOTIFIER_DEBUG_ADDRESS

なし

通知機能が使用する Java 仮想マシンのリモートデバッグを実行するのに使用できるマシンのアドレス

NOTIFIER_STOP_TIME

30

サービスがタイムアウトになる時間 (秒単位)

NOTIFIER_STOP_INTERVAL

1

タイムアウトカウンターがインクリメントされる時間 (秒単位)

INTERVAL_IN_SECONDS

120

サブスクライバーにメッセージをディスパッチするインスタンスの間隔 (秒単位)

IDLE_INTERVAL

30

優先度の低いタスクが実行される間隔 (秒単位)

DAYS_TO_KEEP_HISTORY

0

ディスパッチされたイベントが履歴テーブルに保管される日数を設定します。この変数が設定されていない場合には、イベントは履歴テーブルに無期限に保持されます。

FAILED_QUERIES_NOTIFICATION_THRESHOLD

30

通知メールが送信されるまでの失敗クエリーの数。通知メールは、最初の失敗の後に送信されて通知をフェッチした後、この変数によって指定した失敗の回数に達するごとに 1 回送信されます。値を 0 または 1 に指定すると、失敗のたびにメールが送信されるようになります。

FAILED_QUERIES_NOTIFICATION_RECIPIENTS

なし

通知メールの送信先となる受信者のメールアドレス。メールアドレスはコンマで区切る必要があります。このエントリーは、FILTER の変数によって非推奨となりました。

DAYS_TO_SEND_ON_STARTUP

0

通知機能の起動時に、この日数内の旧イベントが処理/送信されます。

FILTER

exclude:*

メール通知のトリガーと受信者を決定するのに使用されるアルゴリズム。この変数の値は、include/exclude、イベント、および受信者で構成されます (例: include:VDC_START(smtp:mail@example.com) ${FILTER})。

MAIL_SERVER

なし

SMTP メールサーバーのアドレス。必須。

MAIL_PORT

25

通信に使用するポート。設定可能な値には、プレーンの SMTP 用の 25、SSL を使用した SMTP 用の 465、および TLS を使用した SMTP 用の 587 が含まれます。

MAIL_USER

なし

ユーザー認証のために SSL が有効化されている場合は、この変数を設定する必要があります。この変数は MAIL_FROM 変数が設定されていない場合に「送信元」ユーザーのアドレスを指定するのにも使用します。一部のメールサーバーはこの機能をサポートしていません。アドレスは RFC822 の形式です。

SENSITIVE_KEYS

${SENSITIVE_KEYS},MAIL_PASSWORD

メールサーバーで認証が必要な場合には、もしくは SSL または TLS が有効化されている場合にユーザーの認証に必要です。

MAIL_PASSWORD

なし

メールサーバーで認証が必要な場合には、もしくは SSL または TLS が有効化されている場合にユーザーの認証に必要です。

MAIL_SMTP_ENCRYPTION

なし

通信に使用する暗号化のタイプ。設定可能な値は nonessltls です。

HTML_MESSAGE_FORMAT

false

この変数が true に設定されている場合には、メールサーバーはメッセージを HTML 形式で送信します。

MAIL_FROM

なし

この変数は、送信者のアドレスを RFC822 形式で指定します (メールサーバーが対応している場合)。

MAIL_REPLY_TO

なし

この変数は、送信されたメールに対する返信先アドレスを RFC822 形式で指定します (メールサーバーが対応している場合)。

MAIL_SEND_INTERVAL

1

各 IDLE_INTERVAL に送信される SMTP メッセージの数

MAIL_RETRIES

4

メール送信の試行回数。この数を超えるとエラーとなります。

SNMP_MANAGER

なし

SNMP マネージャーとして機能するマシンの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名。エントリーはスペースで区切る必要があり、ポート番号を入れることが可能です (例: manager1.example.com manager2.example.com:164)。

SNMP_COMMUNITY

public

デフォルトの SNMP コミュニティー

SNMP_OID

1.3.6.1.4.1.2312.13.1.1

アラート用のデフォルトのトラップオブジェクト識別子。この OID が定義されると、全トラップタイプが送信され、イベント情報とともに SNMP マネージャーに追記されます。デフォルトのトラップを変更すると、生成されるトラップが Manager の管理情報ベースに準拠しなくなる点に注意してください。

ENGINE_INTERVAL_IN_SECONDS

300

Manager がインストールされているマシンのモニタリング間隔。この間隔は、モニタリングが完了した時点から計測されます。

ENGINE_MONITOR_RETRIES

3

エラー発生後に通知機能が所定の間隔で Manager がインストールされているマシンのステータスのモニタリングを試みる回数

ENGINE_TIMEOUT_IN_SECONDS

30

エラー発生後に通知機能が所定の間隔で Manager がインストールされているマシンのステータスのモニタリングを試みるまでの待ち時間 (秒単位)

IS_HTTPS_PROTOCOL

false

JBoss がセキュアなモードで実行されている場合には、この値は true に設定する必要があります。

SSL_PROTOCOL

TLS

SSL が有効化されている場合に JBoss 設定コネクターが使用するプロトコル

SSL_IGNORE_CERTIFICATE_ERRORS

false

JBoss がセキュアなモードで実行され、SSL エラーが無視されようにする場合には、この値は true に設定する必要があります。

SSL_IGNORE_HOST_VERIFICATION

false

JBoss がセキュアなモードで実行され、ホスト名の検証が無視されるようにする場合には、この値は true に設定する必要があります。

REPEAT_NON_RESPONSIVE_NOTIFICATION

false

この変数は、Manager がインストールされたマシンが応答しない状態となった場合に、サブスクライバーに対してエラーメッセージを繰り返し送信するかどうかを指定します。

ENGINE_PID

/var/lib/ovirt-engine/ovirt-engine.pid

Manager の PID のパスおよびファイル名


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。