15.2. ディレクトリーサーバーの概要

Red Hat Virtualization Manager は、インストール中に internal ドメイン上に admin ユーザーを作成します。このユーザーの別名は、admin@internal です。このアカウントは、環境の初期設定とトラブルシューティングに使用することを目的としています。外部のディレクトリーサーバーをアタッチし、ディレクトリーユーザーを追加してからそれらのユーザーに適切なロールとパーミッションを割り当てた後には、必要がなければ admin@internal ユーザーを無効にすることができます。サポートされるディレクトリーサーバーは以下のとおりです。

  • 389ds
  • 389ds RFC-2307 スキーマ
  • Active Directory
  • IBM Security Directory Server
  • IBM Security Directory Server RFC-2307 スキーマ
  • FreeIPA
  • iDM
  • Novell eDirectory RFC-2307 スキーマ
  • OpenLDAP RFC-2307 スキーマ
  • OpenLDAP Standard スキーマ
  • Oracle Unified Directory RFC-2307 スキーマ
  • RFC-2307 スキーマ (汎用)
  • Red Hat Directory Server (RHDS)
  • Red Hat Directory Server (RHDS) RFC-2307 スキーマ
  • iPlanet
重要

Red Hat Virtualization Manager (rhevm) と IdM (ipa-server) は同じシステム上にはインストールできません。IdM には、Red Hat Virtualization Manager に必要とされる mod_ssl パッケージとの互換性がありません。

重要

Active Directory をディレクトリーサーバーとして使用しており、テンプレートおよび仮想マシンの作成で sysprep を使用する場合には、Red Hat Virtualization 管理者ユーザーにドメインの制御を委任して、以下のような操作を行えるようにする必要があります。

  • コンピューターをドメインにアタッチする
  • グループのメンバーシップを変更する

Active Directory のユーザーアカウントの作成に関する情報は「Create a New User Account」を参照してください。

Active Directory の制御の委任に関する情報は「Delegate Control of an Organizational Unit」を参照してください。