B.3. Red Hat Virtualization Manager で FCoE を使用するための設定方法

管理ポータルから、ホストのネットワークインターフェースカードの Fibre Channel over Ethernet (FCoE) プロパティーを設定することができます。fcoe キーはデフォルトでは利用できないので、engine 設定ツールを使用して Manager に追加する必要があります。以下のコマンドを実行すると、fcoe がすでに有効化されているかどうかを確認することができます。

# engine-config -g UserDefinedNetworkCustomProperties

必須の VDSM フックパッケージをホストにインストールする必要があります。ホストの FCoE カードに応じて、特別な設定が必要となる場合もあります。『Red Hat Enterprise Linux ストレージ管理ガイド』「ファイバーチャネルオーバーイーサネットインターフェースの設定」を参照してください。

Manager への fcoe キーの追加

  1. Manager で以下のコマンドを実行してキーを追加します。

    # engine-config -s UserDefinedNetworkCustomProperties='fcoe=^((enable|dcb|auto_vlan)=(yes|no),?)*$'
  2. ovirt-engine サービスを再起動します。

    # systemctl restart ovirt-engine.service
  3. FCoE のプロパティーを設定する各 Red Hat Enterprise Linux ホストに VDSM フックのパッケージをインストールします。このパッケージは、Red Hat Virtualization Host (RHVH) ではデフォルトで提供されます。

    # yum install vdsm-hook-fcoe

fcoe キーが管理ポータルで利用できるようになりました。FCoE のプロパティーを論理ネットワークに適用するには、「ホストネットワークインターフェースの編集とホストへの論理ネットワークの割り当て」を参照してください。