A.3. フックを使用したVDSM の拡張

本章では、イベント駆動型フックを使用した VDSM の拡張方法について説明します。フックを使用した VDSM の拡張は、実験的技術です。本章は熟練の開発者を対象としています。仮想マシンにカスタムプロパティーを設定することにより、特定の仮想マシン固有の追加パラメーターをフックスクリプトに渡すことができます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。