16.6. クォータの閾値設定

表16.3 クォータの閾値と猶予の設定

設定定義

クラスターの閾値

1 つのデータセンターで使用可能なクラスターリソースの量

クラスターの猶予

データセンターのクラスター閾値を超えた後にデータセンターが使用可能なクラスターリソースの量

ストレージの閾値

1 つのデータセンターで使用可能なストレージリソースの容量

ストレージの猶予

データセンターのストレージ閾値を超えた後にデータセンターが使用可能なストレージの容量

クォータが 100 GB、猶予 20% と設定されている場合には、ストレージ消費量が 120 GB に達すると、コンシューマーはそのストレージを使用できなくなります。同じクォータに 70% の閾値が設定されている場合には、ストレージの消費量が 70 GB を超えると、コンシューマーは警告を受け取ります (ただし、ストレージ消費量が 120 GB になるまでそのままストレージを使用することができます)。「閾値」は、その値を超えると警告が出される「ソフトリミット」、「猶予」は、その値を超えるとそれ以上ストレージリソースを消費できない「ハードリミット」と考えることができます。