17.4. Red Hat Virtualization Manager が SNMP トラップを送信するための設定

Red Hat Virtualization Manager が Simple Network Management Protocol (SNMP) トラップを単一または複数の外部 SNMP マネージャーに送信するように設定します。SNMP トラップには、システムイベント情報が含まれ、Red Hat Virtualization 環境のモニタリングに使用されます。SNMP マネージャーに送信されるトラップの数とタイプは、Red Hat Virtualization Manager 内で定義することができます。

以下の手順は、トラップを受信する外部 SNMP マネージャーが 1 つまたは複数設定済みで、かつ以下の情報が手元に用意されていることを前提としています。

  • SNMP マネージャーとして機能するマシンの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名。オプションとして、マネージャーがトラップ通知を受信するポートを定義します。デフォルトでは、UDP ポート 162 が使用されます。
  • SNMP コミュニティー。1 つのコミュニティーには複数の SNMP マネージャーが属することができます。管理システムおよびエージェントは、同じコミュニティー内にある場合にのみ通信することが可能です。デフォルトのコミュニティーは public です。
  • アラート用のトラップオブジェクト識別子。Red Hat Virtualization Manager はデフォルトで「1.3.6.1.4.1.2312.13.1.1」という OID を指定します。この OID が定義されると、全トラップタイプが送信され、イベント情報とともに SNMP マネージャーに追記されます。デフォルトのトラップを変更すると、生成されるトラップが Manager の管理情報ベースに準拠しなくなる点に注意してください。
注記

Red Hat Virtualization Manager は管理情報ベースを /usr/share/doc/ovirt-engine/mibs/OVIRT-MIB.txt および /usr/share/doc/ovirt-engine/mibs/REDHAT-MIB.txt で提供します。作業を開始する前に SNMP マネージャーの MIB (管理情報ベース) を読み込んでください。

デフォルトの SNMP 設定値は、Manager のイベント通知デーモン設定ファイル /usr/share/ovirt-engine/services/ovirt-engine-notifier/ovirt-engine-notifier.conf 内に存在します。以下の手順で示す値は、このファイルに記載されているデフォルト値または例をベースとしています。システムのアップグレード等の変更後にも設定オプションを永続的に適用するには、ovirt-engine-notifier.conf ファイルを編集するのではなく、オーバーライドファイルを定義することをお勧めします。

Manager での SNMP トラップの設定

  1. Manager で SNMP 設定ファイルを作成します。

    # vi /etc/ovirt-engine/notifier/notifier.conf.d/20-snmp.conf
  2. SNMP マネージャー、SNMP コミュニティー、および OID を以下の形式で指定します。

    SNMP_MANAGERS="manager1.example.com manager2.example.com:162"
    SNMP_COMMUNITY=public
    SNMP_OID=1.3.6.1.4.1.2312.13.1.1
  3. SNMP マネージャーに送信するイベントを定義します。

    例17.1 イベントの例

    デフォルトの SNMP プロファイルに全イベントを送信します。

    FILTER="include:*(snmp:) ${FILTER}"

    重大度が ERROR または ALERT のイベントをすべてデフォルトの SNMP プロファイルに送信します。

    FILTER="include:*:ERROR(snmp:) ${FILTER}"
    FILTER="include:*:ALERT(snmp:) ${FILTER}"

    VDC_START のイベントを指定のメールアドレスに送信します。

    FILTER="include:VDC_START(snmp:mail@example.com) ${FILTER}"

    VDC_START 以外のイベントを、すべてデフォルトの SNMP プロファイルに送信します。

    FILTER="exclude:VDC_START include:*(snmp:) ${FILTER}"

    ovirt-engine-notifier.conf で定義されるデフォルトフィルターは、以下のとおりです。このフィルターを無効にしない場合、またはこれに優先するフィルターを適用しない場合には、通知は一切送信されません。

    FILTER="exclude:*"

    VDC_START は、利用可能な監査ログメッセージの例です。監査ログメッセージの完全な一覧は、/usr/share/doc/ovirt-engine/AuditLogMessages.properties にあります。または、SNMP マネージャー内で結果をフィルタリングしてください。

  4. ファイルを保存します。
  5. ovirt-engine-notifier サービスを起動します。さらに、このサービスがブート時に起動するように設定します。

    # systemctl start ovirt-engine-notifier.service
    # systemctl enable ovirt-engine-notifier.service

SNMP マネージャーをチェックして、トラップを受信していることを確認します。

注記

通知サービスを実行するには、SNMP_MANAGERSMAIL_SERVER のいずれか一方、もしくは両方を /usr/share/ovirt-engine/services/ovirt-engine-notifier/ovirt-engine-notifier.conf またはオーバーライドファイルで適切に定義する必要があります。