第11章 外部プロバイダー

11.1. Red Hat Virtualization の外部プロバイダーについて

Red Hat Virtualization では、Red Hat Virtualization Manager 自体によって管理されるリソースに加えて、外部のソースによって管理されるリソースを活用することも可能です。このようなリソースのプロバイダーは、外部プロバイダーとして知られ、仮想化ホスト、仮想マシンイメージ、ネットワークなどのリソースを提供することができます。

Red Hat Virtualization は現在以下の外部プロバイダーをサポートしています。

Red Hat Satellite (ホストのプロビジョニング)
Satellite は、物理/仮想ホストの両方のライフサイクルの全側面を管理するためのツールです。Red Hat Virtualization では、Satellite によって管理されるホストを Red Hat Virtualization Manager に仮想化ホストとして追加して使用することができます。Satellite のインスタンスを Manager に追加すると、その Satellite インスタンスによって管理されるホストは、新規ホストの追加時に、その Satellite インスタンスで利用可能なホストを検索して追加することができます。Red Hat Satellite のインストールおよび Red Hat Satellite を使用したホストの管理に関する詳しい情報は、『インストールガイド』および『ホスト設定ガイド』を参照してください。
OpenStack Image サービス (Glance) (イメージ管理)
OpenStack Image サービスは、仮想マシンイメージのカタログを提供します。Red Hat Virtualization では、これらのイメージを Red Hat Virtualization Manager にインポートして、フローティングディスクとして使用したり、仮想マシンにアタッチしてテンプレートに変換したりすることができます。OpenStack Image サービスを Manager に追加すると、どのデータセンターにもアタッチされていないストレージドメインとして表示されます。また、Red Hat Virtualization 環境内の仮想ディスクを OpenStack Image サービスにエクスポートすることも可能です。
OpenStack Networking (Neutron) (ネットワークプロビジョニング)
OpenStack Networking は、ソフトウェア定義ネットワークを提供します。Red Hat Virtualization では、OpenStack Networking によって提供されるネットワークを Red Hat Virtualization Manager にインポートして、全タイプのトラフィックを伝送し、複雑なネットワークトポロジーを作成するのに使用することができます。OpenStack Networking を Manager に追加すると、OpenStack Networking によって提供されるネットワークを手動でインポートしてアクセスすることができます。
OpenStack Volume (Cinder) (ストレージ管理)
OpenStack Volume は、仮想ハードドライブ用の永続ブロックストレージの管理を提供します。OpenStack Cinder ボリュームは、Ceph Storage によってプロビジョニングされます。Red Hat Virtualization では、フローティングディスクとして使用するためのディスクや、仮想マシンにアタッチするディスクを OpenStack Volume ストレージ上に作成することができます。OpenStack Volume を Manager に追加すると、OpenStack Volume によって提供されるストレージ上にディスクを作成することが可能となります。
VMware (仮想マシンのプロビジョニング)
VMware で作成された仮想マシンは、V2V (virt-v2v) を使用して変換してから Red Hat Virtualization 環境にインポートすることができます。VMware プロバイダーを Manager に追加すると、そのプロバイダーが提供する仮想マシンをインポートすることができます。V2V の変換は、指定したプロキシーホストで、インポート操作の一貫として実行されます。
Xen (仮想マシンのプロビジョニング)
Xen で作成された仮想マシンは、V2V (virt-v2v) を使用して変換してから Red Hat Virtualization 環境にインポートすることができます。Xen ホストを Manager に追加すると、そのプロバイダーが提供する仮想マシンをインポートすることができます。V2V の変換は、指定したプロキシーホストで、インポート操作の一貫として実行されます。
KVM (仮想マシンのプロビジョニング)
KVM で作成された仮想マシンは、Red Hat Virtualization 環境にインポートすることができます。KVM ホストを Manager に追加すると、そのプロバイダーが提供する仮想マシンをインポートすることができます。
Open Virtual Network (OVN) (ネットワークプロビジョニング)
Open Virtual Network (OVN) は、ソフトウェア定義ネットワークを提供する Open vSwitch (OVS) の論理拡張です。OVN を Manager に追加すると、既存の OVN ネットワークをインポートし、Manager から新規 OVN ネットワークを作成することができます。engine-setup を使用して、自動的に OVN を Manager にインストールすることもできます。
外部ネットワークプロバイダー (ネットワークプロビジョニング)
サポートされている外部のソフトウェア定義ネットワークプロバイダーには、OpenStack Neutron REST API を実装する任意のプロバイダーが含まれます。OpenStack Networking (Neutron) とは異なり、Neutron エージェントは、ホスト上の仮想インターフェースドライバーの実装としては使用されません。その代わりに、仮想インターフェースドライバーは外部ネットワークプロバイダーの実装者によって提供される必要があります。

外部のリソースプロバイダーはすべて、ユーザーの入力に対応した単一のウィンドウを使用して追加します。リソースプロバイダーの提供するリソースを Red Hat Virtualization の環境で使用するには、そのリソースプロバイダーを追加する必要があります。