第4章 データセンター

4.1. データセンターについて

データセンターとは、特定の環境で使用するリソースを定義する論理エンティティーです。データセンターはコンテナーリソースと考えられ、その中には、論理リソース (クラスター、ホストの形式) とネットワークリソース (論理ネットワークと物理 NIC の形式)、ストレージリソース (ストレージドメインの形式) が含まれています。

データセンターは、複数のクラスターで構成することができます。各クラスターには複数のホストを含めることが可能です。また、データセンターに複数のストレージドメインを関連付けたり、各ホスト上で複数の仮想マシンをサポートしたりすることもできます。Red Hat Virtualization 環境は、複数のデータセンターで構成することができます。データセンターのインフラストラクチャーにより、これらのセンターを別々に分けることが可能です。

データセンターはすべて管理ポータルから一元管理されます。

図4.1 データセンター

523

Red Hat Virtualization はインストール中にデフォルトのデータセンターを作成します。このデフォルトのデータセンターを構成するか、適切な名前のデータセンターを新たに設定することが可能です。

図4.2 データセンターのオブジェクト

179

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。