付録C Red Hat Virtualization のユーザーインターフェースプラグイン

C.1. Red Hat Virtualization のユーザーインターフェースプラグイン

Red Hat Virtualization は非標準の機能を公開するプラグインをサポートしています。これにより、Red Hat Virtualization 管理ポータルを、他のシステムと容易に統合することができます。各インターフェースプラグインは、管理ポータルを介して Red Hat Virtualization で使用するためにパッケージおよび配布することができるユーザーインターフェース拡張機能セットを提供します。

Red Hat Virtualization のユーザーインターフェースプラグインは、JavaScript プログラミング言語を使用して、クライアント上で直接管理ポータルに統合します。プラグインは、管理ポータルによって呼び出され、Web ブラウザーの JavaScript ランタイムで実行されます。ユーザーインターフェースプラグインは、JavaScript 言語とそのライブラリーを使用することができます。

ランタイム中のキーイベントにおいて、管理ポータルは、管理ポータル/プラグイン間の通信を提供するイベントハンドラー関数を使用して個別のプラグインを呼び出します。管理ポータルは複数のイベントハンドラー関数をサポートしていますが、プラグインは、その実装に関連した関数のみを宣言します。管理ポータルでプラグインを使用する前に、各プラグインは、関連するイベントハンドラー関数をプラグインのブートストラップシーケンスの一部として登録する必要があります。

ユーザーインターフェースの拡張機能を駆動する、プラグイン/管理ポータル間の通信を円滑化するために、管理ポータルはプラグインの API をグローバル (最上位) の pluginApi JavaScript オブジェクトとして公開し、個々のプラグインが使用できるようにします。各プラグインは、別個 の pluginApi インスタンスを取得するので、管理ポータルは、プラグインのライフサイクルに応じて、各プラグインのプラグイン API 関数の呼び出しを制御することができます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。