7.6. テンプレートのインポート

7.6.1. データセンターへのテンプレートのインポート

注記

エクスポートストレージドメインは非推奨になりました。データストレージドメインは、データセンターからアタッチを解除して、同じ環境または異なる環境にある別のデータセンターにインポートすることができます。仮想マシン、フローティング仮想ディスクイメージ、テンプレートは、インポートしたストレージドメインからアタッチされているデータセンターにアップロードすることができます。ストレージドメインのインポートに関する情報は、『Red Hat Virtualization 管理ガイド』の「既存のストレージドメインのインポート」の項を参照してください。
新たにアタッチしたエクスポートドメインから、テンプレートをインポートします。以下の手順では、管理ポータルへのアクセスが必要です。

手順7.9 データセンターへのテンプレートのインポート

  1. ストレージ タブをクリックして、新たにアタッチされたエクスポートドメインを選択します。
  2. 詳細ペインで テンプレートのインポート のタブをクリックして、テンプレートを選択します。
  3. インポート をクリックします。
  4. インポートするテンプレートを選択します。
  5. ドロップダウンリストで インポート先のクラスターストレージ ドメインを選択します。該当する場合には、サフィックス を変更してください。
    もしくは、すべてのテンプレートをクローン作成 のチェックボックスからチェックを外します。
  6. OK をクリックしテンプレートをインポートすると、通知ウィンドウが開きます。閉じるをクリックして通知ウィンドウを閉じます。
テンプレートが移行先のデータセンターにインポートされました。インポートは、ストレージハードウェアによって最大 1 時間かかる場合があります。イベント タブからインポートの進捗を確認することができます。
インポートプロセスが完了すると、テンプレートは テンプレート のリソースタブに表示されます。このテンプレートから新規仮想マシンを作成したり、このテンプレートをベースとした、既存のインポート済み仮想マシンを実行したりすることができます。

7.6.2. OpenStack Image Service からテンプレートとしての仮想ディスクイメージのインポート

OpenStack Image サービスが外部プロバイダーとして Red Hat Virtualization Manager に追加されている場合には、OpenStack Image サービスによって管理される仮想ディスクイメージを Manager にインポートすることが可能です。以下の手順では、管理ポータルへのアクセスが必要です。
  1. ストレージ タブをクリックして、OpenStack Image Service ドメインを選択します。
  2. 詳細ペインの イメージ タブをクリックして、インポートするイメージを選択します。
  3. インポート をクリックします。
  4. ディスクイメージのインポート先の データセンター を選択します。
  5. ドメイン名 ドロップダウンリストから、仮想ディスクイメージの保管先となるストレージドメインを選択します。
  6. オプションで、クォータ を選択して仮想ディスクイメージに適用します。
  7. テンプレートとしてインポート のチェックボックスを選択します。
  8. 仮想ディスクイメージをテンプレートとして使用可能にする クラスター を選択します。
  9. OK をクリックします。
イメージがテンプレートとしてインポートされ、テンプレート タブに表示されます。このテンプレートをベースに仮想マシンを作成できるようになりました。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。