4.2. USB デバイスの設定

SPICE プロトコルで接続された仮想マシンは、USB デバイスに直接、接続するよう設定することができます。
仮想マシンがアクティブで仮想マシンにフォーカスがある場合、USB デバイスはリダイレクトされます。USB リダイレクトは、デバイスがプラグインされるたびに手動で有効にしたり、SPICE クライアントメニューでアクティブな仮想マシンに自動でリダイレクトしたりするように設定することもできます。

重要

クライアントマシンとゲストマシンとの違いを理解しておくことが重要なポイントとなります。クライアントとはゲストにアクセスするハードウェアのことで、ゲストとはユーザーポータルまたは管理ポータルから接続できる仮想デスクトップまたは仮想サーバーのことです。

4.2.1. 仮想マシンでの USB デバイスの使用

USB リダイレクトの 有効 モードでは、Linux および Windows 仮想マシンの KVM/SPICE USB リダイレクトが可能です。仮想 (ゲスト) マシンは、ネイティブ USB に対してゲストにインストールされたエージェントやドライバーを必要としません。Red Hat Enterprise Linux クライアントでは、USB のリダイレクトに必要なパッケージはすべて、virt-viewer パッケージにより提供されています。Windows クライアントでは、usbdk パッケージもインストールする必要があります。USB の有効モードは、以下のクライアントおよびゲストでサポートされます。
  • クライアント
    • Red Hat Enterprise Linux 7.1 以降
    • Red Hat Enterprise Linux 6.0 以降
    • Windows 10
    • Windows 8
    • Windows 7
    • Windows 2008
    • Windows 2008 Server R2
  • ゲスト
    • Red Hat Enterprise Linux 7.1 以降
    • Red Hat Enterprise Linux 6.0 以降
    • Windows 7
    • Windows XP
    • Windows 2008

注記

64 ビットアーキテクチャーの PC をご使用の場合は、Internet Explorer の 64 ビット版を使用して USB ドライバーの 64 ビット版をインストールする必要があります。64 ビットアーキテクチャーに 32 ビットバージョンをインストールしても、USB リダイレクトは機能しません。正しい USB タイプを最初にインストールすれば、32 ビットと 64 ビット両方のブラウザーから USB リダイレクトを使用することができます。

4.2.2. Windows クライアントでの USB デバイスの使用

Windows クライアントでは、USB デバイスをゲストにリダイレクトするために、usbdk サービスを実行する必要があります。必ず usbdk バージョンがクライアントマシンのアーキテクチャーに適合するようにしてください。たとえば、64 ビットの Windows マシンには、64 ビットバージョンの usbdk をインストールする必要があります。

手順4.5 Windows クライアントでの USB デバイスの使用

  1. usbdk サービスのインストールが完了して稼働中の状態となったら、SPICE プロトコルを使用するように設定した仮想マシンを選択します。
  2. USB サポートが 有効 に設定されていることを確認します。
    1. 編集 をクリックします。
    2. コンソール タブをクリックします。
    3. USB サポート のドロップダウンリストから 有効 を選択します。
    4. OK をクリックします。
  3. コンソールオプション ボタンをクリックして、USB 自動共有を有効にする のチェックボックスにチェックを入れます。
  4. 仮想マシンを起動して コンソール ボタンをクリックし、その仮想マシンに接続します。USB デバイスをクライアントマシンに差し込むと、そのデバイスは自動的にリダイレクトされて、ゲストマシン上に表示されます。

4.2.3. Red Hat Enterprise Linux クライアント上での USB デバイスの使用

usbredir パッケージにより、Red Hat Enterprise Linux クライアントから仮想マシンへの USB リダイレクトが有効になります。usbredirvirt-viewer パッケージの依存関係で、このパッケージとともに自動的にインストールされます。

手順4.6 Red Hat Enterprise Linux クライアント上での USB デバイスの使用

  1. 仮想マシン タブをクリックして、SPICE プロトコルを使用するように設定されている仮想マシンを選択します。
  2. USB サポートが 有効 に設定されていることを確認します。
    1. 編集 をクリックします。
    2. コンソールタブをクリックします。
    3. USB サポート のドロップダウンリストから 有効 を選択します。
    4. OK をクリックします。
  3. コンソールオプション ボタンをクリックして、USB 自動共有を有効にする のチェックボックスにチェックを入れます。
  4. 仮想マシンを起動して コンソール ボタンをクリックし、その仮想マシンに接続します。USB デバイスをクライアントマシンに差し込むと、そのデバイスは自動的にリダイレクトされて、ゲストマシン上に表示されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。