1.4. クライアントマシンへの補助コンポーネントのインストール

1.4.1. コンソールコンポーネントのインストール

コンソールとは、起動画面、シャットダウン画面、および仮想マシンのデスクトップを表示し、物理マシンと同じように仮想マシンと対話するためのグラフィカルウィンドウです。Red Hat Virtualization では、仮想マシンのコンソールを開くためのデフォルトのアプリケーションは Remote Viewer で、使用する前にクライアントマシンにインストールしておく必要があります。

1.4.1.1. Red Hat Enterprise Linux への Remote Viewer のインストール

Remote Viewer アプリケーションは、仮想マシンに接続するためのグラフィカルコンソールを提供します。このアプリケーションは、インストール後に仮想マシンで SPICE セッションを開こうとすると自動的に呼び出されます。または、スタンドアロンのアプリケーションとしても使用できます。Remote Viewer は、ベースの Red Hat Enterprise Linux Workstation および Red Hat Enterprise Linux Server リポジトリーで提供される virt-viewer パッケージに含まれています。

手順1.1 Linux への Remote Viewer のインストール

  1. virt-viewer パッケージをインストールします。
    # yum install virt-viewer
  2. ブラウザーを再起動して、変更を反映させます。
SPICE プロトコルまたは VNC プロトコルを使用して仮想マシンに接続できるようになりました。

1.4.1.2. Windows への Remote Viewer のインストール

Remote Viewer アプリケーションは、仮想マシンに接続するためのグラフィカルコンソールを提供します。このアプリケーションは、インストール後に仮想マシンで SPICE セッションを開こうとすると自動的に呼び出されます。または、スタンドアロンのアプリケーションとしても使用できます。

手順1.2 Windows への Remote Viewer のインストール

  1. Web ブラウザーを開き、お使いのシステムのアーキテクチャーに応じて、以下のインストーラーのいずれかをダウンロードします。
    • 32 ビットの Windows 用 Virt Viewer:
      https://your-manager-fqdn/ovirt-engine/services/files/spice/virt-viewer-x86.msi
    • 64 ビットの Windows 用 Virt Viewer:
      https://your-manager-fqdn/ovirt-engine/services/files/spice/virt-viewer-x64.msi
  2. ファイルを保存したフォルダーを開きます。
  3. ファイルをダブルクリックします。
  4. セキュリティー警告が表示された場合は 実行 をクリックします。
  5. ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示された場合は はい をクリックします。
Remote Viewer がインストールされ、スタートメニュー > すべてのプログラム の中の VirtViewer のフォルダーから Remote Viewer を使用できるようになります。

1.4.2. Windows への usbdk のインストール

usbdk は、Windows オペレーティングシステム上の USB デバイスに remote-viewer が排他的にアクセス できるようにするドライバーです。usbdk をインストールするには、管理者権限が必要です。以前にサポートされていた USB Clerk オプションは非推奨となり、サポート対象外となりました。

手順1.3 Windows への usbdk のインストール

  1. Web ブラウザーを開き、お使いのシステムのアーキテクチャーに応じて、以下のインストーラーのいずれかをダウンロードします。
    • 32 ビットの Windows 用 usbdk:
      https://[your manager's address]/ovirt-engine/services/files/spice/usbdk-x86.msi
    • 64 ビットの Windows 用 usbdk:
      https://[your manager's address]/ovirt-engine/services/files/spice/usbdk-x64.msi
  2. ファイルを保存したフォルダーを開きます。
  3. ファイルをダブルクリックします。
  4. セキュリティー警告が表示された場合は 実行 をクリックします。
  5. ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示された場合は はい をクリックします。