2.2. ストレージドメインをバッキングするストレージのタイプ

ストレージドメインは、ブロックベースおよびファイルベースのストレージを使用して実装することができます。
ファイルベースのストレージ
Red Hat Virtualization がサポートするファイルベースのストレージタイプには、NFS、GlusterFS、その他の POSIX 準拠のファイルシステム、ホストのローカルストレージがあります。
ファイルベースのストレージは、Red Hat Virtualization 環境の外部で管理されます。
NFS ストレージは、Red Hat Enterprise Linux NFS サーバーまたはその他のサードパーティー製 NAS サーバーで管理されます。
ホストは、独自のローカルストレージファイルシステムを管理することができます。
ブロックベースのストレージ
ブロックストレージは、未フォーマットのブロックデバイスを使用します。ブロックデバイスは LVM (論理ボリュームマネージャー) により ボリュームグループ に集約されます。LVM のインスタンスは全ホストで実行され、各 LVM インスタンスは他のホストで実行している LVM インスタンスを認識しません。VDSM は、ボリュームグループの変更をスキャンすることにより、クラスター化のロジックを LVM 上に追加します。変更が検出されると、VDSM はボリュームグループ情報をリフレッシュするよう各ホストに指示して、それらのホストを更新します。ホストは、ボリュームグループを論理ボリュームに分割し、論理ボリュームのメタデータをディスクに書き込みます。既存のストレージドメインにストレージ容量が追加された場合には、Red Hat Virtualization Manager は各ホストの VDSM を使用してボリュームグループ情報を最新の状態に更新します。
論理ユニット番号 (LUN) は個別のブロックデバイスです。LUN への接続には、サポートされているブロックストレージプロトコル (iSCSI、FCoE、SAS のいずれか) を使用することができます。Red Hat Virtualization Manager は、LUN へのソフトウェアの iSCSI 接続を管理します。その他すべてのブロックストレージ接続は、Red Hat Virtualization 環境外で管理されます。論理ボリュームの作成、拡張、削除や新規 LUN の追加など、ブロックベースのストレージ環境における変更は、専用に選択された Storage Pool Manager と呼ばれるホストの LVM によって処理されます。この変更は、VDSM によって同期され、クラスター内の全ホストにわたって更新されます。