2.9. Storage Pool Manager の選択プロセス

Storage Pool Manager (SPM) ロールがホストに手動で割り当てられていない場合には、Red Hat Virtualization Manager が SPM 選択プロセスを開始して管理します。
Red Hat Virtualization Manager は最初にストレージセントリックリースを持つホストを確認するよう VDSM に要求します。
Red Hat Virtualization Manager はストレージドメインの初回作成以降の SPM 割り当て履歴をトラッキングします。SPM ロールの稼働状況は以下の 3 つの方法で確認します。
  • 「getSPMstatus」コマンド: Manager が VDSM を使用して、SPM のステータスが最後に割り当てられたホストをチェックすると、「SPM」、「Contending」、「Free」のいずれかの値が返されます。
  • ストレージドメインのメタデータボリュームには、SPM ステータスを最後に割り当てられたホストが記載されています。
  • ストレージドメインのメタデータボリュームには、SPM ステータスが最後に割り当てられたホストのバージョンの情報が含まれています。
稼働中かつ応答可能なホストがストレージセントリックリースを維持している場合には、Red Hat Virtualization Manager は管理ポータルでそのホストを SPM として表示してそれ以上は何も行いません。
SPM ホストが応答しない場合は、そのホストは到達不可とみなされます。ホストに電源管理が設定されている場合は、ホストが自動的にフェンスされます。電源管理が設定されていない場合には、手動でフェンスする必要があります。SPM のロールは、前の SPM がフェンスされるまで、新しいホストに割り当てることはできません。
SPM のロールとストレージセントリックリースが使用可能な場合に、Red Hat Virtualization Manager はデータセンター内で無作為に選択された稼働中のホストに割り当てます。
新規ホストへの SPM ロールの割り当てに失敗した場合には、Red Hat Virtualization Manager は、操作に失敗したホストが含まれる一覧にそのホストを追加し、これらのホストから SPM ロールの資格をなくします。このリストは、次に SPM を選択するプロセスのはじめに消去されて、もう 1 度すべてのホストに SPM ロールを割り当てる資格を与えます。
Red Hat Virtualization Manager は、SPM 選択が成功するまで、操作に失敗したホストの一覧に含まれていない、無作為に選択されたホストが SPM およびストレージセントリックリースを引き継ぐように要求を継続します。
現行の SPM が応答なしの状態となったり、SPM の責任を遂行できなくなった場合には毎回、Red Hat Virtualization Manager が SPM の選択プロセスを開始します。