2.6. Red Hat Virtualization におけるストレージメタデータバージョン

Red Hat Virtualization では、ストレージドメインに関する情報はストレージドメイン自体にメタデータとして保管されます。ストレージメタデータの実装は、Red Hat Virtualization のメジャーリリースのたびに改善されています。
  • V1 メタデータ (Red Hat Virtualization 2.x シリーズ)
    各ストレージドメインには、そのストレージドメイン自体の構造と、仮想ディスクイメージをバッキングしている全物理ボリュームの名前を記述したメタデータが格納されています。
    マスタードメインには追加で、ストレージプール内の全ドメインと物理ボリューム名のメタデータが格納されています。このメタデータの合計サイズの上限は 2 KB で、プール内に格納できるストレージドメイン数が制限されています。
    テンプレートおよび仮想マシンベースイメージは読み取り専用です。
    V1 メタデータは、NFS、iSCSI、FC ストレージドメインに適用可能です。
  • V2 メタデータ (Red Hat Enterprise Virtualization 3.0)
    ストレージドメインとプールのメタデータはすべて、論理ボリュームに書き込まれるのではなく、論理ボリュームタグとして保管されます。仮想ディスクのボリュームに関するメタデータは、ドメイン上の論理ボリュームに保管されます。
    物理ボリューム名は、メタデータには含まれなくなりました。
    テンプレートおよび仮想マシンベースイメージは読み取り専用です。
    V2 メタデータは、iSCSI および FC ストレージドメインに適用可能です。
  • V3 metadata (Red Hat Enterprise Virtualization 3.1 以降)
    ストレージドメインとプールのメタデータはすべて、論理ボリュームに書き込まれるのではなく、論理ボリュームタグとして保管されます。仮想ディスクのボリュームに関するメタデータは、ドメイン上の論理ボリュームに保管されます。
    仮想マシンおよびテンプレートのベースイメージは、読み取り専用ではなくなりました。この変更により、ライブスナップショット、ライブストレージマイグレーション、スナップショットからのクローン作成が可能となりました。
    英語以外の言語で記述されたボリューム名に対する Unicode メタデータのサポートが追加されました。
    V3 メタデータは、NFS、GlusterFS、POSIX、iSCSI、FC ストレージドメインに適用可能です。