10.4. ストレージドメインの制限事項

ストレージドメインは、仮想ディスクイメージや ISO イメージ用のストレージおよび仮想マシンのインポート/エクスポート用の容量を提供します。任意のデータセンター内に多数のストレージドメインを作成することができますが、各ストレージドメインには複数の制限事項および推奨事項が適用されます。

表10.2 ストレージドメインの制限事項

項目制限
ストレージタイプ
サポートされているストレージタイプ
  • Fibre Channel Protocol (FCP)
  • Internet Small Computer System Interface (iSCSI)
  • Network File System (NFS)
  • POSIX 準拠ファイルシステム (POSIX)
  • Red Hat Gluster Storage (GlusterFS)
Red Hat Virtualization 4.1 では 新規 ISO およびエクスポートストレージドメインは、ファイルベースのストレージ (NFS、Posix または GlusterFS) で提供することができます。
論理ユニット番号 (LUN)iSCSI または FCP で提供される場合は、各ストレージドメインに許可される LUN は 300 以下。
論理ボリューム (LV)
Red Hat Virtualization では、論理ボリュームは仮想マシン、テンプレート、および仮想マシンのスナップショット用の仮想ディスクを指します。
iSCSI または FCP によって提供されるストレージドメインの論理ボリューム数は、1 ドメインにつき 350 以下とすることを推奨します。1 つのストレージドメインで論理ボリュームがこの数を上回る場合には、使用可能な記憶域を別々のストレージドメインに分割し、それぞれの論理ボリューム数が 350 以下となるようにすることをお勧めします。
この制限の根本的な原因は、LVM メタデータのサイズです。論理ボリュームの数が増加すると、その論理ボリュームに関連付けられている LVM メタデータも増加します。このメタデータのサイズが 1 MB 超過すると、新規ディスクやスナップショットの作成などのプロビジョニング操作のパフォーマンスが低下し、QCOW ディスクの実行時に論理ボリュームをシンプロビジョニングする際の lvextend 操作の実行時間が長くなります。
論理ボリュームに関する詳しい情報は https://access.redhat.com/solutions/441203 を参照してください。

注記

ストレージドメインに関する詳細情報は『管理ガイド』の「ストレージ」を参照してください。