2.7. Red Hat Virtualization におけるストレージドメインの自動リカバリー

Red Hat Virtualization 環境内のホストは、各ドメインからのメタデータを読み取ることにより、データセンター内のストレージドメインをモニタリングします。データセンター内の全ホストが、ストレージドメインにアクセスできないことを報告すると、そのストレージドメインは非アクティブな状態となります。
Manager は、アクティブでないストレージドメインの接続を解除する代わりに、ストレージドメインが一時的なネットワークの停止などを理由に一時的にアクティブでない状態になっていると仮定し、5 分ごとにアクティブでないストレージドメインの再アクティブ化を試みるようになりました。
管理者による操作は、ストレージ接続の中断の原因を修復するために必要となる場合がありますが、接続が復元されてからのストレージドメインの再アクティブ化は Manager が処理します。