8.5. スナップショットの削除

個別のスナップショットが必要なくなった場合には、スナップショットを削除することができます。スナップショットを削除すると、仮想ディスクイメージを特定の復元ポイントにリストアする能力が失われます。この操作によって、スナップショットが消費したディスク領域の再利用や、スナップショット内のデータの削除が必ずしも行われるわけではありません。このディスク領域は、削除したスナップショットのデータが後続のスナップショットにより上書きされた場合にのみ再利用されます。たとえば、5 つあるスナップショットのうち 3 番目に作成したスナップショットを削除すると、4 番目と 5 番目のスナップショットで使用できるように、3 番目のスナップショットで変更のないデータはディスク上に確保する必要があります。しかし、4 番目または 5 番目のスナップショットが 3 番目のスナップショットのデータを上書きした場合には、3 番目のスナップショットは重複してしまうため、このディスク領域は再利用することができます。スナップショットを削除すると、ディスク領域の再利用が可能であるだけでなく、仮想マシンのパフォーマンスも向上できる場合もあります。
Snapshot Deletion

図8.4 スナップショットの削除

スナップショットの削除は、非同期ブロックジョブとして処理されます。この際、VDSM が再起動された場合や仮想マシンが操作中にシャットダウンされた場合でもジョブのトラッキングができるように、VDSM は、仮想マシンのリカバリーファイルに操作の記録を保持します。この操作が一旦開始すると、操作が失敗したり中断されたりしても、削除されるスナップショットをプレビューしたり、復元ポイントとして使用したりすることはできません。アクティブなレイヤーを親レイヤーとマージする操作では、データがアクティブなレイヤーから親レイヤーにコピーされるプロセスと、ディスクへの書き込みがアクティブなレイヤーおよび親レイヤーの両方にミラーリングされるプロセスの 2 段階に、操作が分割されます。最終的に、削除されるスナップショットのデータが親スナップショットとマージされ、VDSM によりイメージチェーン全体で変更が同期された時点で、このジョブは完了とみなされます。