8.3. スナップショットの作成

Red Hat Virtualization では、仮想マシンの最初のスナップショットは、既存ボリュームの形式を引き継ぎ QCOW2 または RAW のいずれかとなります。これがそれ以降のスナップショットとは異なる点です。仮想マシンの最初のスナップショットでは、既存のボリュームがベースイメージとして使用されます。それ以降のスナップショットは COW 層として追加され、以前のスナップショット以降イメージに格納されたデータに加えられた変更を追跡します。
Red Hat Virtualization では、イメージがシンプロビジョニングされたイメージとして作成されない限り、またはユーザーが明示的に QCOW2 と指定しない限り、通常ゲスト仮想マシンは RAW ディスクイメージと対話します。図8.1「初回のスナップショット作成」 に示したように、スナップショットを作成すると、仮想ディスクイメージを構成するボリュームはそれ以降のすべてのスナップショットのベースイメージとして機能します。
Snapshot Creation

図8.1 初回のスナップショット作成

最初のスナップショット後にスナップショットを取得すると、新しい COW ボリュームが作成されます (このボリュームには、スナップショットの取得後に作成または変更されたデータが格納されます)。新しい COW 層の初期状態では、COW メタデータのみが格納されます。スナップショットの取得後、仮想マシンの使用や動作により作成されるデータは新しい COW 層に書き込まれます。仮想マシンを使用して以前の COW 層にあるデータを変更する場合には、データは以前の層から読み込まれてから最新の層に書き込まれます。仮想マシンは、最新の層から古い層へと順番に、その仮想マシンに対して透過的に各 COW 層をチェックしてデータを検索します。
Additional Snapshot Creation

図8.2 追加スナップショットの作成