2.4. 仮想ディスクイメージのストレージ形式

QCOW2 形式の仮想マシンストレージ
QCOW2 は、仮想ディスクイメージ用のストレージフォーマットです。QCOWQEMU Copy On Write の略です。QCOW2 フォーマットは、論理/物理ブロック間のマッピングを追加することにより、仮想層から物理ストレージ層を分離します。各論理ブロックはその物理オフセットにマッピングされます。このマッピングによりストレージのオーバーコミットと仮想マシンのスナップショットが可能となり、各 QCOW ボリュームが配下のディスクイメージに加えられた変更のみを表示します。
最初のマッピングは全論理ブロックからバッキングファイルまたはボリューム内のオフセットをポイントします。仮想マシンがスナップショットの後にデータを QCOW2 ボリュームに書き込むと、対象のブロックはバッキングボリュームから読み込まれ、新たな情報で修正されてから、新しいスナップショット QCOW2 ボリュームに書き込まれます。この後にマッピングが新たな場所をポイントするように更新されます。
RAW
RAW ストレージ形式は、QCOW2 よりもパフォーマンス面で優れており、RAW 形式で保管されている仮想ディスクイメージにはフォーマッティングが適用されません。RAW 形式で保管されているディスクイメージ上の仮想マシンデータの操作には、ホストからの追加処理は必要ありません。仮想マシンが仮想ディスク内の特定のオフセットにデータを書き込むと、その I/O は、バッキングファイルまたは論理ボリュームの同じオフセットに書き込まれます。
外部で管理されている、ストレージアレイからのシンプロビジョニングされた LUN を使用していない限り、RAW 形式では、定義されたイメージの全領域が事前割り当て済みである必要があります。