5.5. 負荷分散ポリシー: Power_Saving

省電力負荷分散ポリシー (Power_Saving) では、CPU およびメモリー使用率の低い順に、新規仮想マシン用のホストが選択されます。上限閾値は、クラスター内のホストに許容される最大の CPU およびメモリー使用率で、この値を超えると、環境のパフォーマンスが低下します。下限閾値は、許容される最小の CPU およびメモリー使用率で、この範囲を外れると、引き続きホストを運転することが電力の非効率な使用とみなされます。このポリシーにより、管理者は仮想マシン実行に関する上限および下限閾値を設定することができます。また、Red Hat Virtualization Manager が介入するまでホストがこの上限および下限閾値で稼働を持続できる時間も管理者が設定します。ホストが上限閾値に達し、その状態が所定の時間続くと、そのホスト上の仮想マシンは CPU およびメモリー使用率が最も低いホストに 1 台ずつ移行されます。このプロセスは、ホストの CPU およびメモリー使用率が上限閾値を下回るまで続行されます。ホストの CPU およびメモリー使用率が下限閾値を下回ると、仮想マシンはクラスター内の他のホストに移行されます。ただし、移行先のホストの上限閾値で許容される必要があります。使用率の低いホストの仮想マシンがすべて移行されると、Manager が自動的にホストマシンをシャットダウンして、負荷分散で必要になった場合やクラスター内に未使用のホストが不足した場合には再起動します。