1.3. Manager にアクセスするためのインターフェース

ユーザーポータル
デスクトップ仮想化により、パーソナルコンピューターのデスクトップ環境と同様のデスクトップ環境がユーザーに提供されます。ユーザーポータルは、仮想デスクトップインフラストラクチャー をユーザーに提供するためのインターフェースです。ユーザーは Web ブラウザーを使用してユーザーポータルにアクセスし、自分に割り当てられた仮想デスクトップを表示してアクセスします。ユーザーポータルでユーザーが使用できるアクションは、システム管理者によって設定されます。標準ユーザーは、システム管理者により割り当てられたデスクトップを起動、停止、使用することができます。パワーユーザーは、一部の管理操作を行うことができます。いずれのタイプのユーザーも、同じ URL からユーザーポータルにアクセスします。ユーザーポータルには、ログイン時のパーミッションレベルに応じて、適切なオプションが表示されます。
  • 標準ユーザーによるアクセス

    標準ユーザーは、ユーザーポータルを介して仮想デスクトップの電源を投入/切断したり、接続したりすることができます。Simple Protocol for Independent Computing Environments (SPICE) または Virtual Network Computing (VNC) クライアントを使用して、仮想マシンへ容易に直接接続することができます。いずれのプロトコルも、ローカルにインストールしたデスクトップ環境と同様の環境をユーザーに提供します。仮想マシンの接続に使用するプロトコルは、仮想マシンの作成時に管理者が指定します。

    ユーザーポータルで利用可能な操作やサポートされているブラウザーおよびクライアントに関する詳しい情報は、『ユーザーポータルの概要』を参照してください。
  • パワーユーザーによるアクセス

    Red Hat Virtualization ユーザーポータルは、仮想リソースの作成、使用、モニタリングを行うためのグラフィカルユーザーインターフェースをパワーユーザーに提供します。システム管理者は、ユーザーにパワーユーザーのアクセスを付与することによって、一部の管理タスクを委任することができます。また、パワーユーザーは、標準ユーザーが実行できるタスクに加えて、以下のような操作を行うことができます。

    • 仮想マシンの作成/編集/削除
    • 仮想ディスクおよびネットワークインターフェースの管理
    • 仮想マシンに対するユーザーパーミッションの割り当て
    • 仮想マシンを迅速にデプロイするためのテンプレートの作成/使用
    • リソースの使用状況および重大度が高いイベントのモニタリング
    • 仮想マシンを以前の状態に復元するためのスナップショットの作成/使用
    パワーユーザーは、委任された仮想マシンの管理タスクを実行することができます。データセンターおよびクラスターレベルの管理タスクは、その環境の管理者に確保されます。
管理ポータル
管理ポータルは、Red Hat Virtualization Manager サーバーを管理するためのグラフィカルインターフェースです。これにより管理者は、Web ブラウザーを使用して、仮想環境内の全要素をモニタリング/作成/維持管理することができます。管理ポータルでは以下のようなタスクを実行することができます。
  • 仮想インフラストラクチャー (ネットワーク、ストレージドメイン) の作成と管理
  • ホストのインストールと管理
  • 論理エンティティー (データセンター、クラスター) の作成と管理
  • 仮想マシンの作成と管理
  • Red Hat Virtualization のユーザーおよびパーミッションの管理
管理ポータルは、JavaScript を使用して表示されます。
管理ポータルの機能は『Red Hat Virtualization 管理ガイド』で詳しく説明されています。管理ポータルがサポートするブラウザーおよびプラットフォームに関する情報は『Red Hat Virtualization インストールガイド』を参照してください。
Representational State Transfer (REST) API
Red Hat Virtualization REST API は、Red Hat Virtualization 環境における問い合わせおよび制御を行うためのソフトウェアインターフェースを提供します。REST API は、HTTP アクションをサポートする任意のプログラミング言語で使用することができます。
REST API により、開発者および管理者は以下のような作業を行うことができます。
  • エンタープライズ IT システムとの統合
  • サードパーティー製の仮想化ソフトウェアとの統合
  • 自動メンテナンスおよびエラーチェックタスクの実行
  • Red Hat Virtualization 環境内の反復タスクを自動化するためのスクリプトの使用
API の仕様や使用例は『Red Hat Virtualization REST API ガイド』を参照してください。