1.4. Manager をサポートするコンポーネント

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform
Red Hat JBoss Enterprise Application Platform は Java アプリケーションサーバーです。クロスプラットフォームの Java アプリケーションの効率的な開発とデリバリーをサポートするフレームワークを提供します。Red Hat Virtualization Manager のデリバリーには Red Hat JBoss Enterprise Application Platform を使用します。

重要

Red Hat Virtualization Manager に同梱されている Red Hat JBoss Enterprise Application Platform のバージョンは、Red Hat Virtualization Manager にサービスを提供する目的でカスタマイズされているため、その他のアプリケーションへのサービス提供には使用できません。Manager に同梱されている Red Hat JBoss Enterprise Application Platform を別の目的に使用すると、Red Hat Virtualization 環境へのサービス提供機能に悪影響を及ぼします。
レポートおよび履歴データの収集
Red Hat Virtualization Manager には、ホスト/仮想マシン/ストレージのモニタリングデータを収集する Data Warehouse が含まれており、数多くの事前定義済みレポートを利用することができます。ユーザーは SQL をサポートする任意のクエリーツールを使用して環境を分析したり、レポートを作成したりすることができます。
Red Hat Virtualization Manager のインストールプロセスでは 2 つのデータベースが作成されます。これらのデータベースは、インストール中に選択した Postgres インスタンス上に作成されます。
  • engine データベースは、Red Hat Virtualization Manager が使用するプライマリーデータストアです。仮想環境の状態、設定、パフォーマンスについての情報は、このデータベースに保管されます。
  • ovirt_engine_history データベースには、engine オペレーションデータベースから経時的に収集した設定情報および統計メトリックが格納されます。engine データベース内の設定データは、毎分チェックされ、変更内容は ovirt_engine_history データベースに複製されます。データベースに加えられた変更内容をトラッキングすることによって、データベース内のオブジェクトに関する情報が提供されます。この情報により、Red Hat Virtualization 環境のパフォーマンスを分析して強化し、問題を解決することができます。
    ovirt_engine_history データベースをベースとしたレポート生成に関する詳しい説明は 『Red Hat Virtualization Data Warehouse ガイド』の「履歴データベース」を参照してください。

重要

ovirt_engine_history データベースへのデータ複製は、RHEVM History Service (ovirt-engine-dwhd) によって実行されます。
ディレクトリーサービス
ディレクトリーサービスは、ユーザーおよび組織の情報を保管するための一元化されたネットワークベースのストレージを提供します。保管される情報の種類には、アプリケーションの設定、ユーザープロファイル、グループデータ、ポリシー、アクセス制御などが含まれます。Red Hat Virtualization Manager は Active Directory、Identity Management (IdM)、OpenLDAP、および Red Hat Directory Server 9 をサポートしています。また管理目的専用のローカルの内部ドメインもあります。この内部ドメインのユーザーは admin ユーザーの 1 つのみです。