第4章 電源管理

4.1. 電源管理とフェンシングについて

Red Hat Virtualization 環境は、電源管理とフェンシングを設定することで柔軟性および回復力が最も高くなります。電源管理を使用すると、Red Hat Virtualization Manager はホストの電源サイクルの操作を制御できるのに加えて、最も重要なのは問題が検出されたホストをリブートできるようになることです。フェンシングは、問題のあるホストをリブートして、稼働中の Red Hat Virtualization 環境から分離して、パフォーマンスの低下を防ぐのに使用します。フェンスされたホストは、管理者の操作によって応答可能な状態に戻した後に、再度環境に復帰させることができます。
電源管理とフェンシングには、ホストのオペレーティングシステムには依存せずにホストを再起動するための特殊な専用ハードウェアを使用します。Red Hat Virtualization Manager は、ネットワーク IP アドレスまたはホスト名を使用して電源管理デバイスに接続します。Red Hat Virtualization では、電源管理デバイスとフェンスデバイスは同じデバイスを意味します。