5.2. セルフホストエンジン環境からのホストの削除

セルフホストエンジン用ホストを環境から削除するには、そのホストをメンテナンスモードに切り替えてからアンデプロイします。ホストの削除はオプションです。HA サービスが停止されて、セルフホストエンジンの設定ファイルが削除された後には、このホストを通常のホストとして管理することができます。

手順5.3 セルフホストエンジン環境からのホストの削除

  1. 管理ポータルで ホスト タブをクリックします。次にホストを選択し、メンテナンス をクリックして、このホストをローカルメンテナンスモードに設定します。
  2. 同じホストを選択して、編集 をクリックして ホストの編集 ウィンドウを開きます。
  3. セルフホストエンジン のサブタブをクリックして、アンデプロイ のラジオボタンを選択します。このアクションにより、ovirt-ha-agent および ovirt-ha-broker のサービスが停止し、セルフホストエンジンの設定ファイルが削除されます。

    注記

    ホストは画面には引き続き表示されますが、hosted-engine --vm-status を実行すると利用できないものとして表示されます。これは、ホストのアンデプロイ時にメタデータが削除されないためです。メタデータがリフレッシュされない場合には、削除されたホストが画面に表示されなくなるのは約 1 週間後となります。ホストのメタデータを強制的に削除するには、「How to clean the metadata of redeployed Hosts in a Hosted Engine setup」の手順に従ってください。
  4. オプションとして、同じホストを選択して、削除 をクリックすると、ホストの削除 の確認ウィンドウが開きます。OK をクリックしてください。