第8章 セルフホストエンジンのデータベースをリモートサーバーのデータベースへ移行する手順

Red Hat Virtualization Manager の初期設定の後に、セルフホストエンジンの engine データベースをリモートのデータベースサーバーに移行することができます。データベースのバックアップの作成や、新規データベースサーバーへのバックアップのリストアには、engine-backup を使用します。以下の手順では、新規データベースサーバーに、Red Hat Enterprise Linux 7 がインストールされており、適切なサブスクリプションが設定されていることが前提となっています。『インストールガイド』の 「必要なエンタイトルメントのサブスクライブ」を参照してください。
Data Warehouse を別のマシンに移行するには、Data Warehouse Guideを参照してください。

手順8.1 データベースの移行

  1. セルフホストエンジン用ホストの 1 つにログインして、環境を global メンテナンスモードに指定します。これにより、高可用性のエージェントを無効化して、この手順の実行中に Manager 用仮想マシンが移行されないようにします。
    # hosted-engine --set-maintenance --mode=global
  2. Red Hat Virtualization Manager のマシンにログインして ovirt-engine サービスを停止し、engine のバックアップを干渉しないようにします。
    # systemctl stop ovirt-engine.service
  3. engine データベースのバックアップを作成します。
    # engine-backup --scope=files --scope=db --mode=backup --file=file_name --log=backup_log_name
  4. バックアップファイルを新規データベースサーバーにコピーします。
    # scp /tmp/engine.dump root@new.database.server.com:/tmp
  5. 新規データベースにログインして engine-backup をインストールします。
    # yum install ovirt-engine-tools-backup
  6. 新規データベースサーバーにデータベースをリストアします。file_name は、Manager からコピーしたバックアップファイルに置き換えてください。
    # engine-backup --mode=restore --scope=files --scope=db --file=file_name --log=restore_log_name --provision-db --no-restore-permissions
  7. データベースが移行されたので、ovirt-engine サービスを起動します。
    # systemctl start ovirt-engine.service
  8. セルフホストエンジン用ホストにログインして、メンテナンスモードをオフにして、高可用性エージェントを有効にします。
    # hosted-engine --set-maintenance --mode=none