2.2. ハイパーバイザーの要件

2.2.1. CPU の要件

すべての CPU が Intel® 64 または AMD64 CPU の拡張機能をサポートし、AMD-V™ または Intel VT® のハードウェア仮想化拡張機能が有効化されている必要があります。No eXecute flag (NX) のサポートも必要です。

表2.4 ハイパーバイザーのサポート対象 CPU モデル

AMDIntelIBM
AMD Opteron G1Intel ConroeIBM POWER8
AMD Opteron G2Intel Penryn
AMD Opteron G3Intel Nehalem
AMD Opteron G4Intel Westmere
AMD Opteron G5Intel Sandybridge
Intel Haswell
Intel Skylake

手順2.1 プロセッサーが必要なフラグをサポートしているかどうかのチェック

BIOS で仮想化を有効にする必要があります。この設定を行った後には、ホストの電源をオフにしてから再起動して、変更が適用されるようにします。
  1. Red Hat Enterprise Linux または Red Hat Virtualization Host の起動画面で任意のキーを押し、一覧から BootBoot with serial console のエントリーを選択します。
  2. Tab を押して、選択したオプションのカーネルパラメーターを編集します。
  3. 最後のカーネルパラメーターの後に Space が 1 つ空いていることを確認して、rescue パラメーターを追記します。
  4. Enter を押して、レスキューモードで起動します。
  5. 表示されたプロンプトで、プロセッサーに必要な拡張があるか確認してください。また、次のコマンドを実行して、仮想化拡張機能が有効になっているかどうかを確認します。
    # grep -E 'svm|vmx' /proc/cpuinfo | grep nx
    何らかの出力が表示されれば、プロセッサーはハードウェアの仮想化が可能です。出力が何も表示されない場合でも、プロセッサーがハードウェア仮想化に対応している可能性があります。場合によっては、メーカーが BIOS で仮想化拡張機能を無効にしていることがあります。これに該当すると思われる場合には、メーカーが提供しているシステムの BIOS やマザーボードに関するマニュアルを参照してください。

2.2.2. メモリーの要件

必要な RAM 容量は、ゲストオペレーティングシステムの要件、ゲストアプリケーションの要件、メモリーのアクティビティー、ゲストの使用状況によって異なります。また、KVM は仮想化ゲストに物理 RAM をオーバーコミットできるという点も考慮する必要があります。これにより、物理的に存在する容量を上回る RAM 要件でゲストのプロビジョニングを行うことができます。ただし、すべてのゲストの負荷が同時にピークに達しないことが前提です。KVM は、必要な場合にのみゲストに RAM を割り当て、使用率の低いゲストを swap に移動させることによってこの処理を行います。

表2.5 メモリーの要件

最小最大
2 GB の RAM2 TB の RAM

2.2.3. ストレージの要件

ホストには、設定、ログ、カーネルダンプを格納し、swap 領域として使用するためのローカルストレージが必要です。本セクションでは、Red Hat Virtualization Host のストレージの最小要件について説明します。Red Hat Enterprise Linux ホストのストレージ要件は、既存の設定で使用されるディスク容量によって異なりますが、Red Hat Virtualization Host の要件よりも多くなるはずです。

表2.6 Red Hat Virtualization Host の最小ストレージ要件

//boot/varswap最小の合計
6 GB1 GB15 GB1 GB23 GB

重要

セルフホストエンジンのシステム環境に RHV-M Virtual Appliance をインストールする場合には、/var パーティションは 60 GB 以上でなければなりません。
推奨の swap サイズについては https://access.redhat.com/ja/solutions/108483 を参照してください。

2.2.4. PCI デバイスの要件

ホストには、最小帯域幅が 1 Gbps のネットワークインターフェースを少なくとも 1 基搭載している必要があります。各ホストには 2 つのネットワークインターフェースを搭載し、そのうちの 1 基は仮想マシンの移行などネットワークへの負荷が高い作業専用にすることを推奨します。このように負荷の高い操作のパフォーマンスは、利用可能な帯域幅により制限されます。

2.2.5. デバイス割り当て機能に関するハードウェア考慮事項の概要

仮想マシンがホストから特定の PCIe デバイスを使用できるように、デバイス割り当ておよび PCI パススルーを実装する予定がある場合は、以下の要件を満たしていることを確認してください。
  • CPU が IOMMU (例: VT-d または AMD-Vi)をサポートしていること。IBM POWER8 はデフォルトで IOMMU をサポートしています。
  • ファームウェアが IOMMU をサポートしていること。
  • 使用する CPU ルートポートは、ACS または ACS と同等の機能をサポートしていること。
  • PCIe デバイスが ACS または ACS と同等の機能をサポートしていること。
  • PCIe デバイスとルートポート間の PCIe スイッチとブリッジはすべて ACS をサポートしていることを推奨します。たとえば、スイッチが ACS をサポートしていない場合には、そのスイッチの背後にあるデバイスはすべて同じ IOMMU グループを共有し、同じ仮想マシンにしか割り当てることができません。
  • GPU サポートに関して、Red Hat Enterprise Linux 7 では VGA 以外のグラフィックデバイスとして NVIDIA K シリーズ Quadro (モデル 2000 シリーズ以降)、GRID、Tesla の PCI デバイス割り当てをサポートします。現在、標準のエミュレーションされた VGA インターフェースの 1 つ以外に、仮想マシンには GPU を 2 つまでアタッチすることができます。エミュレーションされた VGA は、起動前やインストールに使用され、NVIDIA グラフィックドライバーが読み込まれると NVDIA GPU に引き継がれます。NVIDIA Quadro 2000 も、Quadro K420 カードもサポートされていない点にご注意ください。
ベンダーの仕様およびデータシートを参照して、ハードウェアがこれらの要件を満たしていることを確認してください。ハイパーバイザーホストをインストールした後に、デバイスのパススルーができるようにホストのハードウェアおよびソフトウェアを有効化する方法を「付録G PCI パススルーを有効にするためのホストの設定」で確認してください。
lspci -v コマンドを使用して、システムにインストール済みの PCI デバイスの情報を表示することができます。