第2章 システム要件

2.1. Red Hat Virtualization Manager の要件

2.1.1. ハードウェア要件

以下に記載するハードウェアの最小要件および推奨要件は、一般的な中小規模のインストールをベースとしています。正確な要件は、デプロイメントの規模や負荷により異なります。
Red Hat Virtualization Manager は Red Hat Enterprise Linux 上で稼働します。特定のハードウェアアイテムが Red Hat Enterprise Linux での使用認定を受けているかどうかを確認するには、https://access.redhat.com/ecosystem/#certifiedHardware を参照してください。

表2.1 Red Hat Virtualization Manager のハードウェア要件

リソース最小推奨
CPUデュアルコア CPUクアッドコア CPU または複数のデュアルコア CPU
メモリー利用可能なシステムメモリー 4 GB (Data Warehouse が未インストールで、かつ既存のプロセスによって消費されていないこと)システムメモリー 16 GB
ハードディスクディスクの空き容量 25 GB (ローカルアクセス、書き込みが可能であること)
ディスクの空き容量 50 GB (ローカルアクセス、書き込みが可能であること)
Manager 履歴データベースのサイズに適したディスク容量を算出するためには、RHEV Manager History Database Size Calculator ツールを使用することができます。
ネットワークインターフェース最小帯域幅 1 Gbps のネットワークインターフェースカード (NIC) 1 基最小帯域幅 1 Gbps のネットワークインターフェースカード (NIC) 1 基

2.1.2. ブラウザーの要件

管理ポータルとユーザーポータルは、以下のブラウザーバージョンとオペレーティングシステムを使用してアクセスすることができます。
ブラウザーのサポートは下記のように階層に分かれます。
  • 階層 1: 全面的に検証済みで、完全にサポートされているブラウザーとオペレーティングシステムの組み合わせ。この階層のブラウザーで問題が発生した場合には、Red Hat のエンジニアリングチームが修正に取り組みます。
  • 階層 2: 部分的に検証済みで、正常に機能する可能性の高いブラウザーとオペレーティングシステムの組み合わせ。この階層のサポートは限定されます。Red Hat のエンジニアリングチームは、この階層のブラウザーで問題が発生した場合には、修正を試みます。
  • 階層 3: 未検証ですが、正常に機能することが予想されるブラウザーとオペレーティングシステムの組み合わせ。この階層には、最小限のサポートが提供されます。Red Hat のエンジニアリングチームは、この階層のブラウザーにはマイナーな問題のみの修正を試みます。

表2.2 ブラウザーの要件

サポート階層オペレーティングシステムファミリーブラウザーポータルアクセス
階層 1Red Hat Enterprise LinuxMozilla Firefox 延長サポート版 (ESR) のバージョン管理ポータルおよびユーザーポータル
階層 2WindowsInternet Explorer 10 以降管理ポータルおよびユーザーポータル
任意Google Chrome または Mozilla Firefox の最新バージョン管理ポータルおよびユーザーポータル
階層 3任意Google Chrome または Mozilla Firefox の旧バージョン管理ポータルおよびユーザーポータル
任意その他のブラウザー管理ポータルおよびユーザーポータル

2.1.3. クライアント要件

仮想マシンコンソールは、Red Hat Enterprise Linux および Windows でサポートされているリモートビューアー (virt-viewer) クライアントを使用した場合のみにアクセスすることができます。virt-viewer をインストールするには、『仮想マシン管理ガイド』の「クライアントマシンへの補助コンポーネントのインストール」を参照してください。virt-viewer のインストールには管理者権限が必要です。
OS X などのオペレーティングシステムでは、サポートのない SPICE HTML 5 ブラウザークライアントを使用した SPICE コンソールアクセスのみが利用できます。
サポートされている QXL ドライバーは、Red Hat Enterprise Linux、Windows XP、および Windows 7 で利用できます。
SPICE のサポートは下記のように階層に分かれます。
  • 階層 1: remote-viewer が全面的に検証済みでサポートされているオペレーティングシステム
  • 階層 2: remote-viewer が部分的に検証済みで、正常に機能する可能性の高いオペレーティングシステム。この階層のサポートは限定されます。Red Hat のエンジニアリングチームは、この階層の remote-viewer で問題が発生した場合には、修正を試みます。

表2.3 クライアントオペレーティングシステムの SPICE サポート

サポート階層オペレーティングシステムSPICE サポート
階層 1Red Hat Enterprise Linux 7Red Hat Enterprise Linux 7.2 以降で完全にサポート
 Microsoft Windows 7Microsoft Windows 7 上で完全にサポート
階層 2Microsoft Windows 8これらのゲストオペレーティングシステムでの spice-vdagent の実行時のサポート
 Microsoft Windows 10これらのゲストオペレーティングシステムでの spice-vdagent の実行時のサポート

2.1.4. オペレーティングシステムの要件

Red Hat Virtualization Manager は、基本的なプログラムのみがインストールされ、最新のマイナーリリースまで更新済みの Red Hat Enterprise Linux にインストールする必要があります。Manager に必要なパッケージのインストールを試みる際に、依存関係の問題が発生する可能性があるため、ベースのインストール後に他のパッケージをインストールしないでください。

2.1.5. DNS 要件

大幅なパフォーマンスの低下を避けるために、Red Hat Virtualization Manager および全ネットワーク通信には DNS 逆引きルックアップと、PTR レコードが必要です。

注記

/etc/hosts ファイルにエントリーを追加するだけでは、DNS 逆引きルックアップが提供されないので、不十分です。