第1章 Red Hat Virtualization について

Red Hat Virtualization は、Red Hat Enterprise Linux 上に構築するエンタープライズクラスのサーバーおよびデスクトップの仮想化プラットフォームです。本ガイドでは、以下の内容について説明します。
  • Red Hat Virtualization Manager のインストールおよび設定
  • ホストのインストールおよび設定
  • Red Hat Virtualization 環境への既存の FCP ストレージのアタッチ。その他のストレージオプションについては、『管理ガイド』に記載しています。

表1.1 Red Hat Virtualization の主要コンポーネント

コンポーネント名説明
Red Hat Virtualization Manager環境内のリソースを管理し、アクセスを提供するサーバー
ホスト仮想マシンを実行するのに使用する処理能力とメモリーリソースを提供するサーバー
ストレージ仮想マシンに関連付けられたデータを格納するのに使用するストレージ

重要

環境内のホスト、Manager およびその他のサーバーのシステムクロックを同期して、タイミングや認証で問題が発生しないようにすることが重要です。そのためには、各システムの Network Time Protocol (NTP) が同じNTP サーバーと同期するように設定します。