6.2. 高度なインストール

6.2.1. カスタムパーティション設定

Red Hat Virtualization Host (RHVH) でのカスタムのパーティション設定は推奨していません。Red Hat は、Installation DestinationAutomatically configure partitioning オプションを使用することを強く推奨します。
インストールでカスタムのパーティション設定が必要な場合は、以下の制限が適用される点に注意してください。
  • Manual Partitioning で、LVM Thin Provisioning オプションを選択する必要があります。
  • root (/) ディレクトリーは、シンプロビジョニングされた論理ボリューム上になければなりません。
  • root (/) ディレクトリーは最低でも 6 GB なければなりません。
  • /var ディレクトリーは、別のボリュームまたはディスク上になければなりません。
  • XFS または Ext4 ファイルシステムのみがサポートされます。

6.2.2. Red Hat Virtualization Host デプロイメントの自動化

PXE を使用したネットワーク起動により、物理メディアデバイスなしに Red Hat Virtualization Host (RHVH) をインストールすることができます。また、インストールの質問に対する回答が含まれたキックスタートファイルを使用して、インストールプロセスを自動化できます。このキックスタートファイルはネットワーク経由で提供することもできるので、物理メディアの必要性をなくすことができます。
RHVH は Red Hat Enterprise Linux とほぼ同じ方法でインストールされるので、両タスクに関する説明は、Red Hat Enterprise Linux 7 『インストールガイドを参照してください。RHVH で必要で Red Hat Enterprise Linux と異なる主要な操作は、以下の手順に記載します。

手順6.2 PXE とキックスタートを使用したデプロイメントの自動化

  1. カスタマーポータルから RHVH ISO イメージをダウンロードします。
    1. Red Hat カスタマーポータル (https://access.redhat.com) にログインします。
    2. メニューバーの ダウンロード をクリックします。
    3. Red Hat Virtualization をクリックしてスクロールアップしてから Download Latest をクリックして製品ダウンロードページにアクセスします。
    4. 適切なハイパーバイザーイメージを選択して Download Now をクリックします。
  2. 「インストールソース - ネットワーク」の説明を使用して、RHVH ISO イメージをネットワーク経由で提供できるようにします。
  3. 「ネットワークからのインストールの準備」の説明を使用して PXE サーバーを設定します。
    PXE サーバーから RHVH を起動する場合には、以下の要件が適用されます。
    • tftp/ root ディレクトリーに RHVH 起動イメージがコピーされていることを確認します。
      # cp URL/to/RHVH-ISO/images/pxeboot/{vmlinuz,initrd.img} /var/lib/tftpboot/pxelinux/
    • ブートローダーの設定ファイルには、RHVH 起動イメージを指定する RHVH ラベルが含める必要があります。
      KERNEL URL/to/vmlinuz
      APPEND initrd=URL/to/initrd.img inst.stage2=URL/to/RHVH-ISO
  4. 「キックスタートを使ったインストール」の説明を使用して、キックスタートファイルを作成して、ネットワーク経由で提供できるようにします。
    以下の制限が RHVH キックスタートファイルに適用されます。
    • %packages セクションは、RHVH には必要ありません。代わりに、liveimg オプションを使用して、RHVH ISO イメージから squashfs.img ファイルを指定します。
      liveimg --url=URL/to/squashfs.img
    • autopart コマンドを強く推奨します。シンプロビジョニングを使用する必要があります。
      autopart --type=thinp
      インストールで手動のパーティションが必要な場合には、以下の制限が適用されます。
      • root (/) ディレクトリーは、シンプロビジョニングされた論理ボリューム上になければなりません。
      • /var ディレクトリーは、別のボリューム上になければなりません。
      • /boot ディレクトリーは、別のボリューム上になければなりません。
    • nodectl init コマンドを呼び出す %post セクションが必要です。
      %post
      nodectl init
      %end
    インストールプロセスを完全に自動化するには、PXE サーバー上のブートローダーの設定ファイルにこのキックスタートファイルを追加してください。APPEND の行に inst.ks= を追加して、キックスタートの場所を指定します。
    APPEND initrd=URL/to/initrd.img inst.stage2=URL/to/RHVH-ISO inst.ks=URL/to/RHVH-ks.cfg

    例6.1 Red Hat Virtualization Host のキックスタートファイル

    以下は、Red Hat Virtualization Host のデプロイに使用するキックスタートファイルのサンプルです。必要に応じて、追加のコマンドとオプションを追加してください。
    liveimg --url=http://1.2.3.4/path/to/squashfs.img
    clearpart --all
    autopart --type=thinp
    rootpw --plaintext ovirt
    timezone --utc America/Phoenix
    zerombr
    text
    
    reboot
    
    %post --erroronfail
    nodectl init
    %end
  5. 「AMD64 および INTEL 64 システムのインストールの起動」の説明を使用して RHVH をインストールします。