2.8. 設定履歴ビュー

設定ビューをクエリーするには、SELECT * FROM view_name; を実行します。以下に例を示します。
# SELECT * FROM v4_0_configuration_history_datacenters;
利用可能なビューすべてを一覧表示するには、以下を実行します。
# \dv

注記

delete_date は、最新のビューには表示されません。最新のビューで表示されるのは、有効かつアクティブなエンティティーの最新の設定であり、当然ながら削除されていません。

2.8.1. データセンターの設定

以下の表には、システム内のデータセンターの設定履歴パラメーターをまとめています。

表2.8 v4_0_configuration_history_datacenters

名前タイプ説明
history_id整数履歴データベース内の設定バージョンの ID
datacenter_iduuidシステム内におけるデータセンターの一意な ID
datacenter_namecharacter varying(40)編集ダイアログで表示されるデータセンター名
datacenter_descriptioncharacter varying(4000)編集ダイアログで表示されるデータセンターの説明
is_local_storageブール値データセンターがローカルストレージを使用するかどうかを示すフラグ
create_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムにそのエンティティーが追加された日付
update_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムでそのエンティティーが変更された日付
delete_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムからそのエンティティーが削除された日付

2.8.2. データセンターのストレージドメインのマップ

以下の表には、システム内のストレージドメインとデータセンターの間の関係をまとめています。

表2.9 v4_0_map_history_datacenters_storage_domains

名前タイプ説明
history_id整数履歴データベース内の設定バージョンの ID
storage_domain_iduuidシステム内におけるそのストレージドメインの一意な ID
datacenter_iduuidシステム内におけるデータセンターの一意な ID
attach_dateタイムゾーン付きタイムスタンプストレージドメインがデータセンターに接続された日付
detach_dateタイムゾーン付きタイムスタンプストレージドメインがデータセンターからデタッチされた日付

2.8.3. ストレージドメインの設定

以下の表には、システム内のストレージドメインの設定履歴パラメーターをまとめています。

表2.10 v4_0_configuration_history_storage_domains

名前タイプ説明
history_id整数履歴データベース内の設定バージョンの ID
storage_domain_iduuidシステム内におけるそのストレージドメインの一意な ID
storage_domain_namecharacter varying(250)ストレージドメイン名
storage_domain_typesmallint
  • 0 - Data (Master)
  • 1 - Data
  • 2 - ISO
  • 3 - Export
storage_typesmallint
  • 0 - Unknown
  • 1 - NFS
  • 2 - FCP
  • 3 - iSCSI
  • 4 - Local
  • 6 - All
create_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムにそのエンティティーが追加された日付
update_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムでそのエンティティーが変更された日付
delete_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムからそのエンティティーが削除された日付

2.8.4. クラスターの設定

以下の表には、システム内のクラスターの設定履歴パラメーターをまとめています。

表2.11 v4_0_configuration_history_clusters

名前タイプ説明
history_id整数履歴データベース内の設定バージョンの ID
cluster_iduuidクラスターが所属するデータセンターの一意識別子
cluster_namecharacter varying(40) 編集ダイアログに表示されるクラスター名
cluster_descriptioncharacter varying(4000)編集ダイアログで定義される
datacenter_iduuidクラスターが所属するデータセンターの一意識別子
cpu_namecharacter varying(255)編集ダイアログに表示される
compatibility_versioncharacter varying(40)編集ダイアログに表示される
datacenter_configuration_version整数作成時または更新時のデータセンターの設定バージョン
create_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムにそのエンティティーが追加された日付
update_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムでそのエンティティーが変更された日付
delete_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムからそのエンティティーが削除された日付

2.8.5. ホストの設定

以下の表には、システム内のホストの設定履歴パラメーターをまとめています。

表2.12 v4_0_configuration_history_hosts

名前タイプ説明
history_id整数履歴データベース内の設定バージョンの ID
host_iduuidシステム内におけるホストの一意な ID
host_unique_idcharacter varying(128)このフィールドは、ホストの物理 UUID とMAC アドレスの 1 つを組み合わせて、システムですでに登録されているホストの検出に使用。
host_namecharacter varying(255)ホスト名 (編集ダイアログに表示される名前と同じ)
cluster_iduuidそのホストが属するクラスターの一意な ID
host_typesmallint
  • 0 - RHEL Host
  • 2 - RHEV Hypervisor Node
fqdn_or_ipcharacter varying(255)ホストの DNS 名またはその IP アドレス。Red Hat Virtualization Manager との通信に使用 (編集ダイアログに表示される)。
memory_size_mb整数ホストの物理メモリー容量。メガバイト (MB) 表示。
swap_size_mb整数ホストの SWAP パーティションサイズ
cpu_modelcharacter varying(255)ホストの CPU モデル
number_of_coressmallintホストの CPU コアの合計数
number_of_socketssmallint仮想 CPU ソケットの合計数
cpu_speed_mh数字 (18,0)ホストの CPU 速度。メガヘルツ単位 (MHz) で表示。
host_oscharacter varying(255)ホストのオペレーティングシステムのバージョン
kernel_versioncharacter varying(255)ホストのカーネルバージョン
kvm_versioncharacter varying(255)ホストの KVM バージョン
vdsm_versioncharacter varyingホストの VDSM バージョン
vdsm_port整数編集ダイアログに表示される
threads_per_coresmallintコア毎の合計スレッド数
hardware_manufacturercharacter varying(255)ホストのハードウェアの製造メーカー
hardware_product_namecharacter varying(255)ホストのハードウェアの製品名
hardware_versioncharacter varying(255)ホストのハードウェアのバージョン
hardware_serial_numbercharacter varying(255)ホストのハードウェアのシリアル番号
cluster_configuration_version整数作成時または更新時のクラスターの設定バージョン
create_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムにそのエンティティーが追加された日付
update_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムでそのエンティティーが変更された日付
delete_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムからそのエンティティーが削除された日付

2.8.6. ホストインターフェースの設定

以下の表には、システム内のホストインターフェースの設定履歴パラメーターをまとめています。

表2.13 v4_0_configuration_history_hosts_interfaces

名前タイプ説明
history_id整数履歴データベース内の設定バージョンの ID
host_interface_iduuidシステム内におけるそのインターフェースの一意な ID
host_interface_namecharacter varying(50)ホストによって報告されるインターフェース名
host_iduuidそのインターフェースが属するホストの一意な ID
host_interface_typesmallint
  • 0 - rt18139_pv
  • 1 - rt18139
  • 2 - e1000
  • 3 - pv
host_interface_speed_bps整数インターフェースの速度 (ビット毎秒)
mac_addresscharacter varying(59)インターフェースの MAC アドレス
logical_network_namecharacter varying(50)インターフェースに関連付けられた論理ネットワーク
ip_addresscharacter varying(20)編集ダイアログに表示される
gatewaycharacter varying(20)編集ダイアログに表示される
bondブール値そのインターフェースがボンディングインターフェースであるかどうかを示すフラグ
bond_namecharacter varying(50)そのインターフェースが構成要素となっているボンディング名 (ボンディングの一部である場合)
vlan_id整数編集ダイアログに表示される
host_configuration_version整数作成時または更新時のホストの設定バージョン
create_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムにそのエンティティーが追加された日付
update_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムでそのエンティティーが変更された日付
delete_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムからそのエンティティーが削除された日付

2.8.7. 仮想マシンの設定

以下の表には、システム内の仮想マシンの設定履歴パラメーターをまとめています。

表2.14 v4_0_configuration_history_vms

名前タイプ説明
history_id整数履歴データベース内の設定バージョンの ID
vm_iduuidシステム内における仮想マシンの一意な ID
vm_namecharacter varying(255)仮想マシンの名前
vm_descriptioncharacter varying(4000)編集ダイアログに表示される
vm_typesmallint
  • 0 - Desktop
  • 1 - Server
cluster_iduuidその仮想マシンが属するクラスターの一意な ID
template_iduuidこの仮想マシンの作成元テンプレートの一意な ID。現バージョンでは、テンプレートは履歴データベースには同期されないので、このフィールドは今後使用できるように提供されています。
template_namecharacter varying(40)その仮想マシンの作成元テンプレートの名前
cpu_per_socketsmallint1 ソケットあたりの仮想 CPU 数
number_of_socketssmallint仮想 CPU ソケットの合計数
memory_size_mb整数仮想マシンに割り当てられたメモリーの合計。メガバイト (MB) で表示。
operating_systemsmallint
  • 0 - Other OS
  • 1 - Windows XP
  • 3 - Windows 2003
  • 4 - Windows 2008
  • 5 - Linux
  • 7 - Red Hat Enterprise Linux 5.x
  • 8 - Red Hat Enterprise Linux 4.x
  • 9 - Red Hat Enterprise Linux 3.x
  • 10 - Windows 2003 x64
  • 11 - Windows 7
  • 12 - Windows 7 x64
  • 13 - Red Hat Enterprise Linux 5.x x64
  • 14 - Red Hat Enterprise Linux 4.x x64
  • 15 - Red Hat Enterprise Linux 3.x x64
  • 16 - Windows 2008 x64
  • 17 - Windows 2008 R2 x64
  • 18 - Red Hat Enterprise Linux 6.x
  • 19 - Red Hat Enterprise Linux 6.x x64
  • 20 - Windows 8
  • 21 - Windows 8 x64
  • 23 - Windows 2012 x64
  • 1001 - Other
  • 1002 - Linux
  • 1003 - Red Hat Enterprise Linux 6.x
  • 1004 - SUSE Linux Enterprise Server 11
  • 1193 - SUSE Linux Enterprise Server 11
  • 1252 - Ubuntu Precise Pangolin LTS
  • 1253 - Ubuntu Quantal Quetzal
  • 1254 - Ubuntu Raring Ringtails
  • 1255 - Ubuntu Saucy Salamander
default_hostuuid編集ダイアログに表示される、システム内のデフォルトホストの ID
high_availabilityブール値編集ダイアログに表示される
initializedブール値Sysprep 初期化の目的で、その仮想マシンが少なくとも一度は起動されたことがあるかどうかを示すフラグ
statelessブール値編集ダイアログに表示される
fail_backブール値編集ダイアログに表示される
usb_policysmallint編集ダイアログに表示される
time_zonecharacter varying(40)編集ダイアログに表示される
vm_pool_iduuid仮想マシンが属する仮想マシンプール ID
vm_pool_namecharacter varying(255)仮想マシンプール名
created_by_user_iduuidこの仮想マシンを作成したユーザーの ID
cluster_configuration_version整数作成時または更新時のクラスターの設定バージョン
default_host_configuration_version整数作成時または更新時のホストの設定バージョン
create_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムにこのエンティティーが追加された日付
update_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムでそのエンティティーが変更された日付
delete_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムからそのエンティティーが削除された日付

2.8.8. 仮想マシンインターフェースの設定

以下の表には、システム内の仮想インターフェースの設定履歴パラメーターをまとめています。

表2.15 v4_0_configuration_history_vms_interfaces

名前タイプ説明
history_id整数履歴データベース内の設定バージョンの ID
vm_interface_iduuidシステム内におけるそのインターフェースの一意な ID
vm_interface_namecharacter varying(50)編集ダイアログに表示される
vm_interface_typesmallint
仮想インターフェースのタイプ
  • 0 - rt18139_pv
  • 1 - rt18139
  • 2 - e1000
  • 3 - pv
vm_interface_speed_bps整数集約中のインターフェースの平均速度 (ビット毎秒)
mac_addresscharacter varying(20)編集ダイアログに表示される
logical_network_namecharacter varying(50)編集ダイアログに表示される
vm_configuration_version整数作成時または更新時の仮想マシンの設定バージョン
create_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムにそのエンティティーが追加された日付
update_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムでそのエンティティーが変更された日付
delete_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムからそのエンティティーが削除された日付

2.8.9. 仮想マシンデバイスの設定

以下の表には、仮想マシンとそれらに関連付けられたデバイス (ディスクや仮想インターフェースを含む) の間の関係をまとめています。

表2.16 v4_0_configuration_history_vms_devices

名前タイプ説明
history_id整数履歴データベース内の設定バージョンの ID
vm_iduuidシステム内における仮想マシンの一意な ID
device_iduuidシステム内におけるデバイスの一意な ID
typecharacter varying(30)「disk」または「interface」などの仮想マシンのデバイスタイプ
addresscharacter varying(255)デバイスの物理アドレス
is_managedブール値デバイスが Manager によって管理されているかどうかを示すフラグ
is_pluggedブール値デバイスが仮想マシンに結線されているかどうかを示すフラグ
is_readonlyブール値デバイスが読み取り専用かどうかを示すフラグ
vm_configuration_version整数サンプリング時の仮想マシンの設定バージョン
device_configuration_version整数サンプリング時のデバイスの設定バージョン
create_dateタイムゾーン付きのタイムスタンプシステムにそのエンティティーが追加された日付
update_dateタイムゾーン付きのタイムスタンプシステムにそのエンティティーが追加された日付
delete_dateタイムゾーン付きのタイムスタンプシステムにそのエンティティーが追加された日付

2.8.10. 仮想ディスクの設定

以下の表には、システム内の仮想ディスクの設定履歴パラメーターをまとめています。

表2.17 v4_0_configuration_history_vms_disks

名前タイプ説明
history_id整数履歴データベース内の設定バージョンの ID
vm_disk_iduuidシステム内におけるその仮想ディスクの一意な ID
vm_disk_nametext編集ダイアログに表示される仮想ディスク名
vm_disk_descriptioncharacter varying(500)編集ダイアログに表示される
image_iduuidシステム内におけるイメージの一意な ID
storage_domain_iduuidそのディスクイメージが属するストレージドメインの ID
vm_disk_size_mb整数ディスクの定義サイズ。メガバイト単位 (MB)。
vm_disk_typesmallint
編集ダイアログに表示される。現在はシステムとデータのみを使用。
  • 0 - Unassigned
  • 1 - System
  • 2 - Data
  • 3 - Shared
  • 4 - Swap
  • 5 - Temp
vm_disk_formatsmallint
編集ダイアログに表示される
  • 3 - Unassigned
  • 4 - COW
  • 5 - RAW
is_sharedブール値仮想マシンのディスクが共有されているかどうかを示すフラグ
create_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムにそのエンティティーが追加された日付
update_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムでそのエンティティーが変更された日付
delete_dateタイムゾーン付きタイムスタンプシステムからそのエンティティーが削除された日付

2.8.11. ユーザーの詳細情報の履歴

以下の表には、システム内のユーザーの設定履歴パラメーターをまとめています。

表2.18 v4_0_users_details_history

名前タイプ説明
user_iduuidManager によって生成されたシステム内のユーザーの一意な ID
first_namecharacter varying(255)ユーザーの名
last_namecharacter varying(255)ユーザーの姓
domaincharacter varying(255)承認拡張機能の名前
usernamecharacter varying(255)アカウント名
departmentcharacter varying(255)ユーザーが所属する組織の部署
user_role_titlecharacter varying(255)組織内のユーザーのタイトルまたはロール
emailcharacter varying(255)組織内のユーザーのメールアドレス
external_idテキスト外部システムからのユーザーの一意識別子
activeブール値ユーザーがアクティブかどうかを示すフラグ。チェックの頻度は 1 時間です。承認拡張機能内でユーザーを確認できた場合には、アクティブな状態が維持されます。正常にログインすると、ユーザーはアクティブになります。
create_dateタイムゾーン付きのタイムスタンプシステムにそのエンティティーが追加された日付
update_dateタイムゾーン付きのタイムスタンプシステムでそのエンティティーが変更された日付
delete_dateタイムゾーン付きのタイムスタンプシステムからそのエンティティーが削除された日付