2.3. 統計履歴の記録

ETL サービスは、統計テーブルにデータを毎分収集します。少なくとも、過去 24 時間のデータが、1 分間隔で保存されますが、前回の削除のジョブがいつ実行されたかによって、最長で 48 時間保存することができます。2 時間以上経過した毎分データは、毎時データに集約され、2 カ月間保管されます。2 日以上経過した毎時データは、日次データに集約され、5 年間保管されます。
毎時データと日次データは、毎時および日次のテーブルで確認することができます。
各統計データは、サンプル、毎時および日次の履歴の各集計レベルのテーブルに格納されます。すべての履歴テーブルには、行を一意に特定するための history_id コラムがあります。テーブルは、ホストの設定バージョンを参照することにより、過去の設定に関連付けて、エンティティーの統計レポートを有効化します。