第1章 Data Warehouse のインストールと設定

1.1. Data Warehouse の設定についての概要

Red Hat Virtualization Manager には、包括的な履歴データベースが含まれます。このデータベースは、データセンター、クラスター、およびホストレベルで幅広い情報を抽出するのに活用することができます。Data Warehouse をインストールすると、ovirt_engine_history データベースが作成されます。Manager は、このデータベースに対して、レポーティング目的で情報をログ記録するように設定されます。
Red Hat Virtualization には、Data Warehouse が必要です。Data Warehouse は、Manager と同じマシンまたは Manager にアクセス可能な別のマシンにインストールおよび設定することができます。
  1. Manager のマシンに Data Warehouse をインストール/設定する構成

    この構成には、登録済みのマシン 1 台のみが必要で、設定が最も簡単ですが、ホストマシンに対する要求が高まります。Data Warehouse サービスへのアクセスが必要なユーザーは、Manager マシン自体へのアクセスが必要です。この構成に関する詳細情報は、『インストールガイド』の「Red Hat Virtualization Manager の設定」を参照してください。

  2. Manager とは別のマシンに Data Warehouse をインストール/設定する構成

    この構成には、登録済みのマシンが 2 台必要です。別のマシンを使用することにより、Manager のマシンの負荷が軽減され、そのマシン上で CPU とメモリーの共有による競合を回避することができます。管理者は、Manager のマシンへのアクセスを許可する必要なしに、Data Warehouse マシンへのアクセスをユーザーに許可することができます。この設定に関する詳しい情報は、「Manager とは別のマシンへの Data Warehouse のインストールおよび設定」を参照してください。

Data Warehouse のデプロイメントで使用する全マシンのシステムタイムゾーンを UTC に設定することを推奨します。この設定により、ローカルタイムゾーンにおける変化 (例: 夏時間から冬時間への変更など) が原因でデータの収集が中断されないようになります。
ovirt_engine_history データベースが使用する容量およびリソースの推定値を算出するには、RHV Manager History Database Size Calculator ツールを使用します。この推定値は、エンティティー数と、履歴の記録を保持するように選択した期間に基づいて算出されます。

重要

engine-setup では以下のような動作が予想されます。
  • Data Warehouse パッケージをインストールして engine-setup を実行し、Data Warehouse の設定は No と回答します。
    Configure Data Warehouse on this host (Yes, No) [Yes]: No
  • engine-setup を再度実行しても、Data Warehouse を設定するオプションは表示されません。
engine-setup により強制的にオプションを再度表示させるには、engine-setup --reconfigure-optional-components を実行します。
現在インストールされている Data Warehouse のパッケージのみを設定し、engine-setup コマンドによって有効なリポジトリーからパッケージの更新が適用されるのを防ぐには、--offline のオプションを追加してください。