A.13. VDSM フックの例

Red Hat は、このセクションに記載したフックスクリプトの例を厳密にはサポートしていません。システムにインストールするフックスクリプトは、ソースを問わず、いずれもご使用の環境で徹底的にテストする必要があります。

例A.5 NUMA ノードのチューニング

目的

このフックスクリプトは、numaset カスタムプロパティーに基づいた NUMA ホスト上におけるメモリー割り当ての調整を可能にします。カスタムプロパティーが設定されていない場合には、何も起こりません。

設定の文字列

numaset=^(interleave|strict|preferred):[\^]?\d+(-\d+)?(,[\^]?\d+(-\d+)?)*$

正規表現を使用して、特定の仮想マシンの numaset カスタムプロパティーで割り当てモード (interleavestrictpreferred) と使用するノードの両方を指定することができます。2 つの値は、コロン (:) で区切ります。正規表現により、nodeset を以下のように指定することができます。
  • 特定のノード (numaset=strict:1 で、ノード 1 のみを使用するように指定)
  • 使用するノードの範囲 (numaset=strict:1-4 で、ノード 1 から 4 までを使用するように指定)
  • 特定のノードを使用しない (numaset=strict:^3 で、ノード 3 を使用しないように指定)
  • コンマ区切りで記述した、上記のいずれかの組み合わせ (numaset=strict:1-4,6 で、ノード 1 から 4 までと、6 を使用するように指定)
スクリプト

/usr/libexec/vdsm/hooks/before_vm_start/50_numa

#!/usr/bin/python

import os
import sys
import hooking
import traceback

'''
numa hook
=========
add numa support for domain xml:

<numatune>
    <memory mode="strict" nodeset="1-4,^3" />
</numatune>

memory=interleave|strict|preferred

numaset="1" (use one NUMA node)
numaset="1-4" (use 1-4 NUMA nodes)
numaset="^3" (don't use NUMA node 3)
numaset="1-4,^3,6" (or combinations)

syntax:
    numa=strict:1-4
'''

if os.environ.has_key('numa'):
    try:
        mode, nodeset = os.environ['numa'].split(':')

        domxml = hooking.read_domxml()

        domain = domxml.getElementsByTagName('domain')[0]
        numas = domxml.getElementsByTagName('numatune')

        if not len(numas) > 0:
            numatune = domxml.createElement('numatune')
            domain.appendChild(numatune)

            memory = domxml.createElement('memory')
            memory.setAttribute('mode', mode)
            memory.setAttribute('nodeset', nodeset)
            numatune.appendChild(memory)

            hooking.write_domxml(domxml)
        else:
            sys.stderr.write('numa: numa already exists in domain xml')
            sys.exit(2)
    except:
        sys.stderr.write('numa: [unexpected error]: %s\n' % traceback.format_exc())
        sys.exit(2)


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。