16.4. データセンターのクォータモードの有効化/変更

このセクションでは、データセンターのクォータモードの有効化と変更の手順について説明します。クォータを定義するには、クォータモードを選択しておく必要があります。以下の手順に従って作業を実行するには、管理ポータルにログインしてください。
設定したクォータをテストして予想どおりに機能していることを確認するには、監査 モードを使用します。クォータの作成/変更時は、クォータを 監査 モードにする必要はありません。

手順16.1 データセンターのクォータの有効化/変更

  1. ナビゲーションペインの データセンター タブをクリックします。
  2. ナビゲーションペインに表示されたデータセンター一覧から、編集するクォータポリシーが設定されたデータセンターを選択します。
  3. ナビゲーションペインの左上にある 編集 をクリックします。
    データセンターの編集 ウィンドウが開きます。
  4. クォータモード ドロップダウンメニューで、クォータモードを 有効 に変更します。
  5. OK をクリックします。
データセンターレベルでクォータモードが有効になりました。テスト中にクォータモードを 監査 に設定した場合には、有効 に変更して、クォータの設定を有効にする必要があります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。