16.11. service level agreement ポリシーの有効化

概要

この手順では、service level agreement CPU ポリシー機能の設定方法について説明します。

手順16.8 service level agreement CPU ポリシーの有効化

  1. ナビゲーションペインで、新規仮想マシン をクリックします。
  2. 詳細オプションを表示 をクリックします。
  3. リソースの割り当て タブを選択します。
    Description

    図16.1 service level agreement ポリシーの有効化 - CPU 割り当てのメニュー

  4. CPU シェア を指定します。設定可能なオプションには、カスタム、および 無効 があります。 に設定された仮想マシンへの割り当ては、 に設定された仮想マシンの 2 倍となります。また、 に設定された仮想マシンへの割り当ては、 に設定された仮想マシンの 2 倍となります。無効 を指定すると、VDSM がシェアの割り当てを決定する旧アルゴリズムを使用するように指示します。このような条件下において割り当てられるシェア数は通常 1020 です。
結果

service level agreement CPU ポリシーを設定しました。ユーザーの CPU 消費が、設定したポリシーによって管理されるようになりました。