20.3. Websocket プロキシー

20.3.1. Websocket プロキシーの概要

websocket プロキシーにより、ユーザーは、 noVNC および SPICE HTML5 コンソールを介して仮想マシンに接続することができるようになります。以前は、websocket プロキシーは Red Hat Virtualization Manager マシンでしか実行できませんでしたが、現在このプロキシーは、ネットワークへのアクセスが可能な任意のマシンで実行することができます。
websocket プロキシーは、初期設定中に Red Hat Virtualization Manager マシンにインストール/設定することができます (『インストールガイド「Red Hat Virtualization Manager の設定」 のセクションを参照してください)。または、Manager 以外のマシンにインストール/設定することも可能です (『インストールガイド』の「別のマシンへの Websocket プロキシーのインストール」のセクションを参照してください)。
websocket プロキシーは Manager のマシンから別のマシンに移行することもできます。「別のマシンへの Websocket プロキシーの移行」を参照してください。

注記

SPICE HTML5 のサポートはテクノロジープレビュー機能です。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat サービスレベルアグリーメント (SLA) では完全にサポートされていません。これらは、機能的に完全でない可能性があり、実稼働環境での使用を目的とはしていませんが、近々発表予定のプロダクトイノベーションをリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

20.3.2. 別のマシンへの Websocket プロキシーの移行

セキュリティーまたはパフォーマンス上の理由で、Red Hat Virtualization Manager を実行しているものとは別のマシンで Websocket プロキシーを実行することが可能です。Manager のマシンから別のマシンに Websocket プロキシーを移行する手順では、Manager のマシンから Websocket プロキシーの設定を削除してから、別のマシンにプロキシーをインストールする必要があります。
Manager マシンから websocket プロキシーを削除するには、engine-cleanup コマンドを使用することができます。

手順20.5 別のマシンへの Websocket プロキシーの移行

  1. Manager マシンで engine-cleanup を実行して、必要な設定を削除します。
    # engine-cleanup
  2. 全コンポーネントを削除するかどうかを尋ねられたら、No と入力して Enter を押します。
    Do you want to remove all components? (Yes, No) [Yes]: No
  3. engine を削除するかどうかを尋ねられたら、No と入力して Enter を押します。
    Do you want to remove the engine? (Yes, No) [Yes]: No
  4. websocke を削除するかどうかを尋ねられたら、Yes と入力して Enter を押します。
    Do you want to remove the WebSocket proxy? (Yes, No) [No]: Yes
    その他のコンポーネントを削除するかどうかを尋ねられたら、No を選択します。
  5. 別のマシンにプロキシーをインストールして設定します。その手順は、『インストールガイド』の「別のマシンへの Websocket プロキシーのインストール」のセクションを参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。