10.2. 仮想マシンプールのタスク

10.2.1. 仮想マシンプールの作成

共通のテンプレートを 1 つ使用して、複数の仮想マシンが入った仮想マシンプールを作成することができます。

手順10.1 仮想マシンプールの作成

  1. プール タブをクリックします。
  2. 新規作成 ボタンをクリックし、新規プール ウィンドウを開きます。
  3. ドロップダウンリストで クラスター を選択するか、選択されているデフォルトを使用します。
  4. テンプレート のドロップダウンメニューを使用して必要なテンプレートとバージョンを選択するか、デフォルトで選択されている値を使用します。テンプレートはプール内の全仮想マシンの標準設定を提供します。
  5. オペレーティングシステム のドロップダウンリストを使用して オペレーティングシステム を選択するか、テンプレートによって提供されるデフォルト値を使用します。
  6. 最適化オプション のドロップダウンリストで仮想マシンを デスクトップ 用または サーバー 用に最適化するかを選択します。
  7. プールの 名前説明コメント、およびプール内の 仮想マシン数 を入力します。
  8. 事前起動済みの仮想マシン フィールドに事前起動する仮想マシンの数を入力します。
  9. 1 ユーザーあたりの最大仮想マシン数 で、1 ユーザーが 1 セッションで実行できる仮想マシンの最大数を指定します。最小で 1 にする必要があります。
  10. 削除防止 のチェックボックスを選択して、削除防止の設定を有効にします。
  11. オプションとして、詳細オプションを表示 ボタンをクリックして、以下の設定を行うことができます。
    1. タイプ タブをクリックして プールタイプ を選択します。
      • 手動: 管理者は、仮想マシンをプールに明示的に返却する責任があります。仮想マシンは、プールに返却されると、オリジナルのベースイメージに戻ります。
      • 自動: 仮想マシンはシャットダウン時に自動的にベースイメージに戻り、仮想マシンプールに返却されます。
    2. コンソール タブを選択します。このタブのウィンドウ最下部で SPICE プロキシーアドレスを上書き のチェックボックスを選択して SPICE プロキシーアドレスを上書き のテキストフィールドが有効化します。グローバルの SPICE プロキシーを上書きする SPICE プロキシーのアドレスを指定します。
  12. OK をクリックします。
指定した数の同一の仮想マシンが入った仮想マシンプールの作成と設定が完了しました。これらの仮想マシンは、仮想マシン のリソースタブまたは プール の詳細ペインで確認することができます。仮想マシンプール内の仮想マシンと独立した仮想マシンは、アイコンで見分けることができます。

10.2.2. 新規プールおよびプールの編集ウィンドウの設定とコントロール

10.2.2.1. 新規プールおよびプールの編集の全般設定

以下の表には、新規プール および プールの編集 ウィンドウの 全般 タブに必要な、仮想マシンプール固有の情報をまとめています。その他の設定は、新規仮想マシン ウィンドウと全く同じです。

表10.1 全般 の設定

フィールド名
説明
テンプレート
仮想マシンプールのベースとなっているテンプレートおよびテンプレートのサブバージョン。テンプレートの latest サブバージョンをベースに仮想マシンプールを作成する場合、そのプール内の全仮想マシンはリブート時に最新のテンプレートバージョンを自動的に受け取ります。仮想マシンのテンプレートの設定に関する詳しい情報は、『仮想マシン管理ガイド』の「仮想マシンの全般設定」 および 「新規テンプレートとテンプレートの編集ウィンドウの設定」を参照してください。
説明
仮想マシンプールのわかりやすい説明
コメント
仮想マシンプールに関する、人間が判読できるプレーンテキスト形式のコメントを追加するためのフィールド
事前起動済みの仮想マシン
ユーザーが取得する前に起動され、取得するまでその状態で維持される、仮想マシンプール内の仮想マシンの数を指定することができます。このフィールドの値は、0 以上で、仮想マシンプール内の仮想マシンの合計数以下とする必要があります。
仮想マシン数/プールに追加する仮想マシンの数
仮想マシンプール内に作成され、使用可能となる仮想マシンの数を指定することができます。編集のウィンドウでは、数を指定して仮想マシンプール内の仮想マシン数を増やすことができます。デフォルトでは、1 プール内に作成できる仮想マシンの最大数は 1000 です。この値は、engine-config コマンドの MaxVmsInPool キーで設定することができます。
1 ユーザーあたりの最大仮想マシン数
1 ユーザーが仮想マシンプールから 1 回に取得できる仮想マシンの最大数を指定することができます。このフィールドの値は、1 から 32,767 までの範囲内とする必要があります。
削除防止
プール内の仮想マシンが削除されるのを防ぐことができます。

10.2.2.2. 新規プールおよびプールの編集のタイプ設定

以下の表には、新規プール および プールの編集 ウィンドウの タイプ タブに必要な詳しい情報をまとめています。

表10.2 タイプ の設定

フィールド名
説明
プールタイプ
このドロップダウンメニューで、仮想マシンプールのタイプを指定することができます。以下のオプションが利用可能です。
  • 自動: 仮想マシンプールから取得した仮想マシンをユーザーが使い終わった後に、その仮想マシンは、仮想マシンプールに返却されます。
  • 手動: 仮想マシンプールから取得した仮想マシンをユーザーが使い終わった後に、管理者が手動で仮想マシンを返却した場合にのみ、その仮想マシンは仮想マシンプールに返却されます。

10.2.2.3. 新規プールおよびプールの編集のコンソール設定

以下の表には、新規プール ウィンドウまたは プールの編集 ウィンドウの コンソール タブに必要な、仮想マシンプール固有の情報をまとめています。その他の設定は、新規仮想マシン ウィンドウおよび 仮想マシンの編集 ウィンドウと全く同じです。

表10.3 コンソール の設定

フィールド名
説明
SPICE プロキシーを上書き
グローバル設定で定義されている SPICE プロキシの上書きを有効にするには、このチェックボックスを選択します。この機能は、ホストが所属するネットワークの外部からユーザーが接続する場合 (例: ユーザーポータルから接続) に有用です。
SPICE プロキシーアドレスを上書き
SPICE クライアントが仮想マシンに接続するのに使用するプロキシー。このプロキシーは、Red Hat Virtualization 環境で定義されているグローバル SPICE プロキシーと、仮想マシンプールが属する (該当する場合) クラスターの SPICE プロキシーの両方を上書きします。アドレスは以下の形式にする必要があります。
protocol://[host]:[port]

10.2.2.4. 仮想マシンプールのホスト設定

以下の表には、新規プール および プールの編集 ウィンドウの ホスト タブで利用可能なオプションについて詳しい情報をまとめています。

表10.4 仮想マシンプール: ホスト設定

フィールド名
サブ要素
説明
実行を開始するホスト
 
仮想マシンを実行する優先ホストを定義します。以下のいずれかを選択してください。
  • クラスター内の任意のホスト: 仮想マシンはクラスター内の使用可能なホストで起動、実行できます。
  • 特定: 仮想マシンは、クラスター内の特定のホストで起動します。ただし、Manager または管理者は、仮想マシンの移行/高可用性の設定に応じて、クラスター内の別のホストに仮想マシンを移行することが可能です。使用可能なホストの一覧から、特定のホストまたはホストのグループを選択します。
移行のオプション
移行モード
仮想マシンの実行/移行オプションを定義します。このオプションを使用しない場合には、仮想マシンはクラスターのポリシーに従って実行/移行されます。
  • 手動および自動の移行を許可する: 仮想マシンは、環境のステータスに応じてホスト間で自動移行されるか、管理者が手動で移行することができます。
  • 手動の移行のみを許可する: 仮想マシンは、管理者による手動のホスト間移行のみが可能です。
  • 移行を許可しない: 仮想マシンは、自動または手動のいずれでも移行することはできません。
 
カスタムマイグレーションポリシーを使用
移行収束のポリシーを定義します。チェックボックスにチェックが入っていない場合は、ホストがポリシーを決定します。
  • Legacy: バージョン 3.6 のレガシーの動作。vdsm.conf の設定内容がそのまま優先されて適用されます。ゲストエージェントのフックメカニズムは無効になります。
  • Minimal downtime: 一般的な状況での仮想マシンの移行が可能です。仮想マシンのダウンタイムは長時間にならないはずです。仮想マシンが長時間経過した後に収束されない場合は移行が中断されます (最大 500 ミリ秒の QEMU の繰り返し回数により異なります)。ゲストエージェントのフックメカニズムは有効になります。
  • Suspend workload if needed: 仮想マシンが高負荷のワークロードを実行している場合など、多くの状況で仮想マシンを移行できます。仮想マシンのダウンタイムはさらに長時間にわたる可能性があります。ワークロードが過剰な場合には、移行が中断されてしまう可能性があります。ゲストエージェントのフックメカニズムは有効になります。
 
カスタム移行ダウンタイムを使用
このチェックボックスにより、ライブマイグレーション中の仮想マシンの最長ダウンタイムをミリ秒単位で指定することができます。各仮想マシンのワークロードと SLA の要件に応じて、異なる最長ダウンタイムを設定してください。VDSM のデフォルト値を使用するには 0 を入力します。
 
移行の自動収束
マイグレーションポリシーが Legacy の場合にのみ有効です。このオプションは、仮想マシンのライブマイグレーション中に自動収束を使用するかどうかを設定することができます。ワークロードが大きくサイズの大きい仮想マシンは、ライブマイグレーション中に到達する転送率よりも早くメモリーをダーティーな状態にして、移行を収束できないようにする可能性があります。QEMU の自動収束機能は、仮想マシンの移行を強制的に収束させることができます。QEMU は収束されていないことを自動検出し、仮想マシンで vCPU のスロットルを減らします。デフォルトでは、自動収束はグローバルレベルで無効化されています。
  • クラスター設定から継承する を選択して、クラスターレベルで設定されている自動収束設定を使用します。このオプションは、デフォルトで選択されています。
  • クラスター設定またはグローバル設定を無効にして仮想マシンの自動収束を可能にするには、自動収束 を選択します。
  • クラスター設定またはグローバル設定を無効にして、仮想マシンの自動収束を避けるには 自動収束しない を選択します。
 
移行時の圧縮の有効化
マイグレーションポリシーが Legacy の場合にのみ有効です。このオプションでは、仮想マシンのライブマイグレーション中に移行の圧縮を使用するかどうかを設定することができます。この機能は、Xor Binary Zero Run-Length-Encoding を使用して、仮想マシンのダウンタイムおよび、メモリーの書き込みの多いワークロードを実行する仮想マシンやメモリー更新パターンがスパースなアプリケーションの合計ライブマイグレーション時間を減らします。デフォルトでは、移行の圧縮はグローバルレベルで無効化されています。
  • クラスター設定から継承する を選択して、クラスターレベルで設定されている圧縮設定を使用します。このオプションは、デフォルトで選択されています。
  • クラスター設定またはグローバル設定を無効にして仮想マシンの圧縮を可能にするには、圧縮 を選択します。
  • クラスター設定またはグローバル設定を無効にして、仮想マシンの圧縮を避けるには 圧縮しない を選択します。
 
ホストの CPU をパススルーする
このチェックボックスにより、仮想マシンはその仮想マシンが配置されているホストの物理 CPU の機能を活用することができます。このオプションは、または 移行を許可しない が選択されている場合のみ有効にすることができます。
NUMA の設定
NUMA ノード数
仮想マシンに割り当てる仮想 NUMA ノードの数。チューニングモード優先 に指定されている場合には、この値は 1 に設定する必要があります。
 
チューニングモード
メモリーの割り当てに使用する方法
  • 厳格: ターゲットノードでメモリーを割り当てることができない場合にはメモリーの割り当ては失敗します。
  • 優先: 単一の優先メモリーノードからのみメモリーの割り当てが行なわれます。十分なメモリーが使用できない場合には、 他のノードからメモリーを割り当てることができます。
  • インターリーブ: メモリーはラウンドロビンアルゴリズムでノード全体に割り当てられます。
 
NUMA 固定
NUMA トポロジー ウィンドウが開きます。このウィンドウでは、ホストの合計 CPU、メモリー、NUMA ノード、仮想マシンの仮想 NUMA ノードが表示されます。右側のボックスから各仮想 NUMA をクリックして、左側にドラッグして、仮想 NUMA ノードをホストの NUMA ノードに固定します。

10.2.3. 仮想マシンプールの編集

10.2.3.1. 仮想マシンプールの編集

仮想マシンプールの作成後にそのプロパティーを編集することができます。仮想マシンプールの編集時に指定できるプロパティーは、仮想マシン数 プロパティーが プールに追加する仮想マシンの数 に置き換えられる以外は、新規仮想マシンの作成時に指定できるプロパティーと全く同じです。

注記

仮想マシンプールを編集すると、加えた変更は新しい仮想マシンだけに適用されます。変更を加えた時にすでに存在する仮想マシンには、変更は適用されません。

手順10.2 仮想マシンプールの編集

  1. プール リソースタブをクリックして、結果一覧から仮想マシンプールを選択します。
  2. 編集 をクリックすると、プールの編集 ウィンドウが開きます。
  3. 仮想マシンプールのプロパティーを編集します。
  4. OK をクリックします。

10.2.3.2. プール内の仮想マシンの事前起動

仮想マシンプール内では、各マシンはデフォルトで電源がオフの状態となっています。ユーザーがプールから仮想マシンを要求すると、マシンの電源が投入され、ユーザーに割り当てられます。一方、事前起動済みの仮想マシンはすでに起動しており、ユーザーを割り当てられるのを待機している状態なので、ユーザーがマシンにアクセスするまでの待機時間が短縮されます。事前起動済みの仮想マシンがシャットダウンされると、プールに戻り、元の状態に復元されます。事前起動済みの仮想マシンの最大数は、プール内の仮想マシンの数です。
事前起動済みの仮想マシンは、ユーザーが特にユーザー割り当てがされていない仮想マシンにすぐにアクセスする必要がある環境に適しています。自動プールのみが事前起動済みの仮想マシンに対応しています。

手順10.3 プール内の仮想マシンの事前起動

  1. プール リソースタブ、ツリーモード、または検索機能を使用して、結果一覧に表示された候補の中から対象の仮想マシンプールを選択します。
  2. 編集 をクリックすると、プールの編集 ウィンドウが開きます。
  3. 事前起動済みの仮想マシン フィールドに事前起動する仮想マシンの数を入力します。
  4. プール タブを選択して、プールタイプ自動 に設定されていることを確認します。
  5. OK をクリックします。
プール内の事前起動済み仮想マシンの数を設定しました。事前起動済みのマシンは稼働中で使用できる状態です。

10.2.3.3. 仮想マシンプールへの仮想マシン追加

仮想マシンプールで最初にプロビジョニングされた数以上の仮想マシンが必要な場合には、そのプールにマシンを追加します。

手順10.4 仮想マシンプールへの仮想マシン追加

  1. プール リソースタブ、ツリーモード、または検索機能を使用して、結果一覧に表示された候補の中から対象の仮想マシンプールを選択します。
  2. 編集 をクリックすると、プールの編集 ウィンドウが開きます。
  3. プールに追加する仮想マシンの数 フィールドに、追加する仮想マシンの数を入力します。
  4. OK をクリックします。
仮想マシンプールに仮想マシンが追加されました。

10.2.3.4. 仮想マシンプールからの仮想マシンのデタッチ

仮想マシンプールから仮想マシンをデタッチします。プールから仮想マシンをデタッチすると、独立した仮想マシンとなります。

手順10.5 仮想マシンプールからの仮想マシンのデタッチ

  1. プール リソースタブ、ツリーモード、または検索機能を使用して、結果一覧に表示された候補の中から対象の仮想マシンプールを選択します。
  2. 実行中の仮想マシンはデタッチできないので、その仮想マシンのステータスが Down であることを確認してください。
    詳細ペインの 仮想マシンタブをクリックすると、プール内の仮想マシンが一覧表示されます。
  3. 仮想マシンを 1 つまたは複数選択して、デタッチ をクリックすると 仮想マシンのデタッチ の確認ウィンドウが開きます。
  4. OK をクリックすると、仮想マシンがプールからデタッチされます。

注記

仮想マシンはまだ環境に存在しており、仮想マシン リソースタブで表示およびアクセスすることができます。アイコンが変わり、仮想マシンがデタッチされて独立した仮想マシンになったことがわかる点に注意してください。
仮想マシンプールから仮想マシンがデタッチされました。

10.2.4. 仮想マシンプールの削除

データセンターから仮想マシンプールを削除することができます。そのプール内の仮想マシンはすべて、あらかじめ削除またはデタッチしておく必要があります。仮想マシンをプールからデタッチすると、独立した仮想マシンとして保持されます。

手順10.6 仮想マシンプールの削除

  1. プール リソースタブ、ツリーモード、または検索機能を使用して、結果一覧に表示された候補の中から対象の仮想マシンプールを選択します。
  2. 削除 をクリックすると、プールの削除 の確認ウィンドウが開きます。
  3. OK をクリックしてプールを削除します。
データセンターからプールが削除されました。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。