18.3. イメージアップローダーツール

18.3.1. イメージアップローダーツール

注記

エクスポートストレージドメインは非推奨になりました。データストレージドメインは、データセンターからアタッチを解除して、同じ環境または異なる環境にある別のデータセンターにインポートすることができます。仮想マシン、フローティング仮想ディスクイメージ、テンプレートは、インポートしたストレージドメインからアタッチされているデータセンターにアップロードすることができます。ストレージドメインのインポートに関する情報は、「既存のストレージドメインのインポート」の項を参照してください。
engine-image-uploader コマンドで、エクスポートストレージドメインを一覧表示し、エクスポートドメインに仮想マシンイメージを OVF または OVA 形式でアップロードして、Red Hat Virtualization Manager で自動認識させることができます。
OVA とは、OVF ファイルの tar アーカイブです。

注記

イメージアップローダーは、Red Hat Virtualization によって作成された gzip 圧縮済みの OVF または OVA ファイルのみをサポートしています。
OVF アーカイブには、以下の形式のイメージとマスターディレクトリーが含まれます。
|-- images
|   |-- [Image Group UUID]
|        |--- [Image UUID (this is the disk image)]
|        |--- [Image UUID (this is the disk image)].meta
|-- master
|   |---vms
|       |--- [UUID]
|             |--- [UUID].ovf

18.3.2. engine-image-uploader コマンドの構文

イメージアップローダーコマンドの基本構文は以下の形式です。
engine-image-uploader [options] list
engine-image-uploader [options] upload [file].[file]...[file]
イメージアップローダーのコマンドは、listupload の 2 つのアクションをサポートしています。
  • list アクションは、イメージをアップロードすることができるエクスポートストレージドメインを一覧表示します。
  • upload アクションは、指定したエクスポートストレージドメインにイメージをアップロードします。
イメージアップローダーのコマンドを使用する際には、上記のアクションのいずれかを指定する必要があります。また、upload アクションを使用するには、ローカルファイルを少なくとも 1 つ指定する必要があります。
engine-image-uploader コマンドをさらに詳しく指定する複数のパラメーターがあります。これらのパラメーターのデフォルト値は、/etc/ovirt-engine/imageuploader.conf ファイルで設定することができます。

一般的なオプション

-h--help
イメージアップローダーコマンドの使用方法についての情報を表示します。
--conf-file=[PATH]
コマンドが使用する設定ファイルの [PATH] を設定します。デフォルトは、etc/ovirt-engine/imageuploader.conf です。
--log-file=[PATH]
コマンドがログ出力を書き込むのに使用する特定のファイル名の [PATH] を設定します。デフォルトは /var/log/ovirt-engine/ovirt-image-uploader/ovirt-image-uploader-[date].log です。
--cert-file=[PATH]
engine を検証するための証明書の [PATH] を設定します。デフォルトは /etc/pki/ovirt-engine/ca.pem です。
--insecure
engine の検証を試行しないように指定します。
--quiet
コンソールの出力を最小限に抑える Quiet モードに設定します。
-v--verbose
より詳しいコンソール出力を表示する詳細モードに設定します。
-f--force
強制モードは、アップロードされるソースファイルが、アップロード先のエクスポートドメインの既存ファイルと同じ名前の場合に使用する必要があります。このオプションは、既存のファイルを強制的に上書きします。

Red Hat Virtualization Manager のオプション

-u [USER], --user=[USER]
コマンドの実行に使用する認証情報のユーザーを指定します。[USER] は、[username]@[domain] の形式で指定してください。指定するユーザーは、指定したドメインに存在し、かつ Red Hat Virtualization Manager が認識している必要があります。
-r [FQDN], --engine=[FQDN]
イメージをアップロード元となる Red Hat Virtualization Manager の IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名を指定します。イメージアップローダーは、Red Hat Virtualization Manager がインストールされているのと同じマシンから実行されることを前提としています。デフォルト値は localhost:443 です。

エクスポートストレージドメインのオプション

以下のオプションは、イメージのアップロード先となるエクスポートドメインを指定します。これらのオプションは、同時に使用することはできません。-e または -n のいずれかを使用する必要があります。
-e [EXPORT_DOMAIN], --export-domain=[EXPORT_DOMAIN]
ストレージドメイン EXPORT_DOMAIN をアップロード先に設定します。
-n [NFSSERVER], --nfs-server=[NFSSERVER]
NFS path [NFSSERVER] をアップロード先に設定します。

インポートオプション

以下のオプションを使用すると、イメージをエクスポートドメインにアップロードする際に含まれる、アップロード対象イメージの属性をカスタマイズすることができます。
-i, --ovf-id
イメージの UUID が更新されないように指定します。デフォルトでは、コマンドにより、アップロードするイメージの新規 UUID が生成されます。これにより、アップロードされるイメージと、環境内にすでに存在するイメージの間で ID の競合が発生するのを防ぎます。
-d, --disk-instance-id
イメージ内の各ディスクの ID の名前が変更されないように指定します。デフォルトでは、コマンドによりアップロードされるイメージ内のディスクの新規 UUID が生成されます。これにより、アップロードされるイメージ上のディスクと、環境内にすでに存在するディスクの間で競合が発生するのを防ぎます。
-m, --mac-address
イメージ内のネットワークコンポーネントがイメージから削除されないように指定します。デフォルトでは、コマンドにより、アップロードされるイメージからネットワークカードが削除されます。これにより、環境内にすでに存在する他の仮想マシンのネットワークカードとの競合を防ぎます。このオプションを使用しなかった場合には、管理ポータルを使用して、新たにインポートしたイメージにネットワークインターフェースカードを追加すると、Manager は MAC アドレスで競合が発生しないようにします。
-N [NEW_IMAGE_NAME], --name=[NEW_IMAGE_NAME]
アップロードされるイメージの新しい名前を指定します。

18.3.3. イメージアップローダーと互換性のある OVF アーカイブの作成

概要

engine-image-uploader ツールを使用して、アップロード可能なファイルを作成することができます。

手順18.2 イメージアップローダーと互換性のある OVF アーカイブの作成

  1. Manager を使用して、空のエクスポートドメインを作成します。空のエクスポートドメインがあると、仮想マシンがどのディレクトリーに含まれているか簡単に確認することができます。
  2. 作成した空のエクスポートドメインに仮想マシンをエクスポートします。
  3. エクスポートドメインとして機能するストレージサーバーにログインし、NFS 共有の root を探し、そのマウントポイント下のサブディレクトリーに移動します。新規エクスポートドメインを作成するところから開始したので、エクスポートしたディレクトリーの配下にはディレクトリーが 1 つしかありません。このディレクトリーには、images/master/ のディレクトリーが含まれています。
  4. tar -zcvf my.ovf images/ master/ コマンドを実行して tar/gzip OVF アーカイブを作成します。
  5. 作成した OVF ファイル (上記の例では my.ovf) を受け取ると、誰でも engine-image-uploader コマンドを使用して Red Hat Virtualization Manager にそのファイルをインポートすることができます。
結果

配布可能な OVF イメージの圧縮ファイルを作成しました。このファイルを受け取ると、誰でも engine-image-uploader を使用して、イメージを Red Hat Virtualization 環境にアップロードすることができます。

18.3.4. engine-image-uploader の基本的な使用例

以下は、engine アップローダーコマンドを使用してエクスポートストレージドメインを一覧表示する方法の例です。

例18.1 イメージアップローダーを使用したエクスポートストレージドメインの一覧表示

# engine-image-uploader list
Please provide the REST API password for the admin@internal oVirt Engine user (CTRL+D to abort):
Export Storage Domain Name | Datacenter  | Export Domain Status
myexportdom               | Myowndc    | active
以下は、Open Virtualization Format (OVF) ファイルをアップロードする方法の例です。

例18.2 イメージアップローダーを使用したファイルのアップロード

# engine-image-uploader -e myexportdom upload myrhel6.ovf
Please provide the REST API password for the admin@internal oVirt Engine user (CTRL+D to abort):

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。