8.4. POSIX 準拠ファイルシステムストレージの追加

POSIX ファイルシステムのサポートにより、通常コマンドラインから手動でマウントするときと同じマウントオプションを使ってファイルシステムをマウントすることができます。この機能は、NFS、iSCSI、または FCP 以外を使用してマウントするストレージへのアクセスを可能にすることを目的としています。
Red Hat Virtualization でストレージドメインとして使用する POSIX 準拠のファイルシステムは、スパースファイルおよびダイレクト I/O をサポートしている必要があります。たとえば、Common Internet File System (CIFS) は、ダイレクト I/O をサポートしていないので、Red Hat Virtualization との互換性はありません。

重要

POSIX 準拠ファイルシステムのストレージドメインを作成して、NFS ストレージをマウントしないでください。必ず、NFS ストレージドメインを作成してください。

8.4.1. POSIX 準拠ファイルシステムストレージのアタッチ

NFS、iSCSI、または FCP 以外を使用してマウントする POSIX 準拠のファイルシステムをストレージドメインとして使用します。

手順8.5 POSIX 準拠ファイルシステムストレージのアタッチ

  1. ストレージ リソースタブをクリックすると、結果一覧に既存のストレージドメインが表示されます。
  2. 新規ドメイン をクリックすると、新規ドメイン ウィンドウが開きます。
    POSIX ストレージ

    図8.3 POSIX ストレージ

  3. ストレージドメインの 名前 を入力します。
  4. このストレージドメインと関連づける データセンター を選択します。選択したデータセンターのタイプは、POSIX (POSIX compliant FS) でなければなりません。または、(None)を選択します。
  5. ドメイン機能/ストレージタイプ のドロップダウンメニューから Data / POSIX compliant FS を選択します。
    該当する場合には、ドロップダウンメニューから フォーマット を選択します。
  6. 使用するホスト のドロップダウンメニューからホストを選択します。選択したデータセンターの中にあるホストのみが表示されます。選択したホストを使って、ストレージドメインに接続します。
  7. 通常 mount コマンドに渡すように、POSIX ファイルシステムへの パス を入力します。
  8. 通常、-t 引数を使用して mount コマンドに渡すときのように、VFS Type を入力します。有効な VFS 一覧については man mount で確認してください。
  9. 通常、-o 引数を使用して mount コマンドに渡すときのように、追加の マウントオプション を入力します。このマウントオプションはコンマ区切りで提示してください。有効なマウントオプションの一覧については、man mount で確認してください。
  10. オプションで、詳細パラメーターを設定することが可能です。
    1. 詳細パラメーター をクリックします。
    2. 容量不足の警告 のフィールドに、パーセンテージ値を入力します。ストレージドメインの空き容量がこの値を下回ると、ユーザーに警告のメッセージが表示され、ログに記録されます。
    3. アクションをブロックする深刻な容量不足 のフィールドに GB 単位で値を入力します。ストレージドメインの空き容量がこの値を下回ると、ユーザーにエラーメッセージが表示され、ログに記録されます。容量を消費する新規アクションは、一時的であってもすべてブロックされます。
    4. 削除後にワイプするオプションを有効にするには、削除後にワイプ チェックボックスを選択します。このオプションは、ドメインの作成後に編集することが可能ですが、その場合にはすでに存在していたディスクの「削除後にワイプ」プロパティーは変更されません。
  11. OK をクリックすると新規ストレージドメインがアタッチされ、ウィンドウが閉じます。