12.2. 外部プロバイダーの追加

12.2.1. ホストプロビジョニング用の Red Hat Satellite インスタンスの追加

ホストのプロビジョニング用の Satellite インスタンスを Red Hat Virtualization Manager に追加します。Red Hat Virtualization 4.1 は Red Hat Satellite 6.1 でサポートされています。

手順12.1 ホストプロビジョニング用の Satellite インスタンスの追加

  1. ツリーペインから 外部プロバイダー を選択します。
  2. 追加 をクリックして プロバイダーの追加 ウィンドウを開きます。
    The Add Provider Window

    図12.1 プロバイダーの追加ウィンドウ

  3. 名前説明 を入力します。
  4. タイプ の一覧で Foreman/Satellie が選択されていることを確認します。
  5. プロバイダーの URL のテキストフィールドに Satellite インスタンスがインストールされたマシンの URL または完全修飾ドメイン名を入力します。ポート番号を指定する必要はありません。

    重要

    Satellite インスタンスの追加に IP アドレスは使用できません。
  6. Satellite インスタンス用の ユーザー名パスワード を入力します。Satellite プロビジョニングポータルへのログインに使用するユーザー名とパスワードを使用する必要があります。
  7. 認証情報をテストします。
    1. テスト をクリックし、入力した認証情報を使用して Satellite インスタンスで正しく認証できるかどうかをテストします。
    2. Satellite インスタンスが SSL を使用している場合には プロバイダー証明書のインポート ウィンドウが開きます。OK をクリックして Satellite インスタンスの提供する証明書をインポートします。

      重要

      Manager が Satellite インスタンスと通信できるようにするには、そのインスタンスが提供する証明書をインポートする必要があります。
  8. OK をクリックします。
Satellite インスタンスを Red Hat Virtualization Manager に追加し、そのインスタンスが提供するホストを使用して作業ができるようになりました。

12.2.2. イメージ管理のための OpenStack Image (Glance) インスタンスの追加

OpenStack Image (Glance) インスタンスをイメージ管理用に Red Hat Virtualization Manager に追加します。

手順12.2 イメージ管理のための OpenStack Image (Glance) インスタンスの追加

  1. ツリーペインから 外部プロバイダー を選択します。
  2. 追加 をクリックして プロバイダーの追加 ウィンドウを開きます。
    The Add Provider Window

    図12.2 プロバイダーの追加ウィンドウ

  3. 名前説明 を入力します。
  4. タイプ の一覧から OpenStack Image を選択します。
  5. プロバイダーの URL のテキストフィールドに OpenStack Image インスタンスがインストールされたマシンの URL または完全修飾ドメイン名を入力します。
  6. オプションとして、認証が必要 のチェックボックスを選択して OpenStack Image インスタンスの ユーザー名パスワード、および テナント名認証 URL を入力します。これには、Keystone に登録されている OpenStack Image ユーザーのユーザー名およびパスワードと、OpenStack Image インスタンスがメンバーになっているテナントを使用する必要があります。
  7. 認証情報をテストします。
    1. テスト をクリックして、提供した認証情報を使用して OpenStack Image インスタンスと正しく認証できるかどうかをテストします。
    2. OpenStack Image インスタンスが SSL を使用している場合には プロバイダー証明書のインポート ウィンドウが開きます。OK をクリックして OpenStack Image インスタンスの提供する証明書をインポートします。

      重要

      Manager が OpenStack Image インスタンスと通信できるようにするには、そのインスタンスが提供する証明書をインポートする必要があります。
  8. OK をクリックします。
OpenStack Image インスタンスを Red Hat Virtualization Manager に追加し、そのインスタンスが提供するイメージを使用して作業ができるようになりました。

12.2.3. ネットワークプロビジョニングのための OpenStack Networking サービス (Neutron) インスタンスの追加

OpenStack Networking サービス (Neutron) インスタンスをネットワークプロビジョニング用に Red Hat Virtualization Manager に追加します。OpenStack Neutron REST API を実装する別のサードパーティーのネットワークプロバイダーを追加するには、「外部ネットワークプロバイダーの追加」を参照してください。

重要

Red Hat Virtualization は、Red Hat OpenStack Platform 8、9、10 を外部ネットワークプロバイダーとしてサポートしています。

手順12.3 ネットワークプロビジョニングのための OpenStack Networking サービス (Neutron) インスタンスの追加

  1. ツリーペインから 外部プロバイダー を選択します。
  2. 追加 をクリックして プロバイダーの追加 ウィンドウを開きます。
    The Add Provider Window

    図12.3 プロバイダーの追加ウィンドウ

  3. 名前説明 を入力します。
  4. タイプ の一覧から OpenStack Networking を選択します。
  5. ネットワークプラグイン フィールドで Open vSwitch が選択されていることを確認します。
  6. プロバイダーの URL のテキストフィールドに OpenStack Networking インスタンスがインストールされたマシンの URL または完全修飾ドメイン名を入力し、後ろにポート番号を指定します。読み取り専用 のチェックボックスは、デフォルトで選択されています。これは、ユーザーが OpenStack Networking インスタンスを変更するのを防ぎます。

    重要

    Red Hat のサポートを受けるには、読み取り専用 のチェックボックスを選択したままにする必要があります。
  7. オプションとして、認証が必要 のチェックボックスを選択して OpenStack Networking インスタンスの ユーザー名パスワード、および テナント名認証 URL を入力します。これには、Keystone に登録されている OpenStack Networking ユーザーのユーザー名およびパスワードと、OpenStack Networking インスタンスがメンバーになっているテナントを使用する必要があります。
  8. 認証情報をテストします。
    1. テスト をクリックし、提供した認証情報を使用して OpenStack Networking インスタンスと正しく認証できるかどうかをテストします。
    2. OpenStack Networking インスタンスが SSL を使用している場合には プロバイダー証明書のインポート ウィンドウが開きます。OK をクリックして OpenStack Networking インスタンスの提供する証明書をインポートし、Manager がインスタンスと通信できるようにしてください。

    警告

    以下の手順はテクノロジープレビューとしてのみ提供しています。Red Hat Virtualization は、事前設定済みの Neutron ホストしかサポートしていません。
  9. エージェントの設定 タブをクリックします。
    The Agent Configuration Tab

    図12.4 エージェントの設定タブ

  10. インターフェースマッピング フィールドに、Open vSwitch エージェントのインターフェースマッピングのコンマ区切りリストを入力します。
  11. ブローカータイプ の一覧から、OpenStack Networking インスタンスが使用するメッセージブローカーのタイプを選択します。
  12. ホスト フィールドに、メッセージブローカーをホスティングするホストの URL または完全修飾ドメイン名を入力します。
  13. メッセージブローカーに接続する ポート を入力します。デフォルトではこのポート番号は、メッセージブローカーが SSL を使用するように設定されていない場合は 5762、SSL を使用するように設定されている場合は 5761 です。
  14. メッセージブローカーインスタンスに登録済みの OpenStack Networking ユーザーの ユーザー名パスワード を入力します。
  15. OK をクリックします。
OpenStack Networking インスタンスが Red Hat Virtualization Manager に追加されました。このインスタンスが提供するネットワークは、使用する前に Manager にインポートしてください。「外部プロバイダーからのネットワークのインポート」を参照してください。

12.2.4. ストレージ管理のための OpenStack Volume (Cinder) インスタンスの追加

Red Hat Virtualization Manager に、ストレージ管理のための OpenStack Volume (Cinder) インスタンスを追加します。OpenStack Cinder ボリュームは、Ceph Storage によりプロビジョニングされます。

手順12.4 ストレージ管理のための OpenStack Volume (Cinder) インスタンスの追加

  1. ツリーペインから 外部プロバイダー を選択します。
  2. 追加 をクリックして プロバイダーの追加 ウィンドウを開きます。
    The Add Provider Window

    図12.5 プロバイダーの追加ウィンドウ

  3. 名前説明 を入力します。
  4. タイプ の一覧から OpenStack Volume を選択します。
  5. OpenStack Volume のストレージボリュームをアタッチする データセンター を選択します。
  6. プロバイダーの URL のテキストフィールドに OpenStack Volume インスタンスがインストールされたマシンの URL または完全修飾ドメイン名を入力し、後ろにポート番号を指定します。
  7. オプションとして、認証が必要 のチェックボックスを選択して OpenStack Volume インスタンスの ユーザー名パスワード、および テナント名認証 URL を入力します。これには、Keystone に登録されている OpenStack Volume ユーザーのユーザー名およびパスワードと、OpenStack Volume インスタンスがメンバーになっているテナントと、Keystone サーバーの URL、ポート、および API バージョンを使用する必要があります。
  8. テスト をクリックして、提供した認証情報を使用して OpenStack Volume インスタンスと正しく認証できるかどうかをテストします。
  9. OK をクリックします。
  10. クライアントの Ceph 認証 (cephx) が有効化されている場合には、以下の手順も完了する必要があります。cephx プロトコルはデフォルトで有効化されます。
    1. Ceph サーバーで ceph auth get-or-create コマンドを使用して client.cinder ユーザーの新しい秘密鍵を作成します。cephx についての詳しい情報は「Cephx Config Reference」を参照してください。また、新規ユーザー用のキー作成についての詳しい説明は「Managing Users」を参照してください。client.cinder ユーザー用のキーがすでに存在している場合には、同じコマンドを使用して取得してください。
    2. 管理ポータルで、プロバイダー 一覧から、新規作成した Cinder 外部プロバイダーを選択します。
    3. 認証キー のサブタブをクリックします。
    4. 新規作成 をクリックします。
    5. のフィールドに秘密鍵を入力します。
    6. 自動生成された UUID または既存の UUID をテキストフィールドにコピーします。
    7. Cinder サーバーで、前のステップでコピーした UUID と cinder ユーザーを /etc/cinder/cinder.conf に追加します。
      rbd_secret_uuid = UUID
      rbd_user = cinder
OpenStack Volume インスタンスを Red Hat Virtualization Manager に追加して、そのインスタンスが提供するストレージボリュームを使用できるようになりました。OpenStack Volume (Cinder) ディスクの作成については、「フローティング仮想ディスクの作成」を参照してください。

12.2.5. VMware インスタンスを仮想マシンプロバイダーとして追加する方法

VMware vCenter インスタンスを追加して、VMware から Red Hat Virtualization Manager に仮想マシンをインポートします。
Red Hat Virtualization では、VMware の仮想マシンをインポートする前に V2V を使用して正しい形式に変換します。少なくとも 1 台のホストに virt-v2v パッケージをインストールする必要があります。virt-v2v パッケージは Red Hat Virtualization Host (RHVH) ではデフォルトで提供されますが、Red Hat Enterprise Linux ホストにはインストールが必要です。Red Hat Enterprise Linux ホストのバージョンは Red Hat Enterprise Linux 7.2 以降でなければなりません。

手順12.5 VMware vCenter インスタンスを仮想マシンプロバイダーとして追加する方法

  1. ツリーペインから 外部プロバイダー を選択します。
  2. 追加 をクリックして プロバイダーの追加 ウィンドウを開きます。
    The Add Provider Window

    図12.6 プロバイダーの追加ウィンドウ

  3. 名前説明 を入力します。
  4. タイプ の一覧から、VMware を選択します。
  5. VMware 仮想マシンのインポート先となる データセンター を選択するか、任意のデータセンター を選択して個々のインポート操作中にインポート先のデータセンターを指定するようにします (仮想マシン タブの インポート 機能を使用します)。
  6. vCenter フィールドには、VMware vCenter インスタンスの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名を入力します。
  7. ESXi フィールドには、仮想マシンのインポート元となるホストの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名を入力します。
  8. データセンター フィールドには、指定した ESXi ホストが属するデータセンターの名前を入力します。
  9. ESXi および Manager の間で SSL 証明書を交換した場合には、ESXi ホストの証明書が検証されるように SSL 検証 をチェックした状態にしてください。交換していない場合は、このオプションのチェックを外してください。
  10. 選択したデータセンターで、仮想マシンのインポート操作中に、プロキシーホスト として機能する、virt-v2v をインストール済みのホストを指定します。このホストは、VMware vCenter 外部プロバイダーのネットワークに接続可能である必要もあります。上記のステップで 任意のデータセンター を選択した場合は、ここでホストを指定することはできませんが、個々のインポート操作中にホストを指定することが可能です (仮想マシン タブの インポート 機能を使用)。
  11. VMware vCenter インスタンスの ユーザー名パスワード を入力します。ユーザーは、VMware データセンターと仮想マシンが属する ESXi ホストへのアクセスが可能である必要があります。
  12. 認証情報をテストします。
    1. テスト をクリックして、提供した認証情報を使用して VMware vCenter インスタンスと正しく認証できるかどうかをテストします。
    2. VMware vCenter インスタンスが SSL を使用している場合には プロバイダー証明書のインポート ウィンドウが開きます。OK をクリックして VMware vCenter インスタンスの提供する証明書をインポートします。

      重要

      Manager が VMware vCenter インスタンスと通信できるようにするには、そのインスタンスが提供する証明書をインポートする必要があります。
  13. OK をクリックします。
Red Hat Virtualization Manager に VMware vCenter インスタンスを追加して、そのインスタンスが提供する仮想マシンをインポートできるようになりました。詳しくは、『仮想マシン管理ガイド』の「VMware プロバイダーからの仮想マシンのインポート」を参照してください。

12.2.6. 外部ネットワークプロバイダーの追加

Red Hat Virtualization には、OpenStack Neutron REST API を実装する任意のネットワークプロバイダーを実装することが可能です。仮想インターフェースドライバーは、外部ネットワークプロバイダーの実装者が提供する必要があります。 ネットワークプロバイダーと仮想インターフェースドライバーの参照実装は、https://github.com/mmirecki/ovirt-provider-mock および https://github.com/mmirecki/ovirt-provider-mock/blob/master/docs/driver_instalation で入手することができます。

手順12.6 ネットワークプロビジョニング向けの外部ネットワークプロバイダーの追加

  1. ツリーペインから 外部プロバイダー を選択します。
  2. 追加 をクリックします。
    The Add Provider Window

    図12.7 プロバイダーの追加ウィンドウ

  3. 名前説明 を入力します。
  4. タイプ の一覧から、外部ネットワークプロバイダー を選択します。
  5. プロバイダーの URL のテキストフィールドに外部ネットワークプロバイダーがインストールされたマシンの URL または完全修飾ドメイン名を入力し、後ろにポート番号を指定します。読み取り専用 のチェックボックスは、デフォルトで選択されています。これは、ユーザーが外部ネットワークプロバイダーを変更するのを防ぎます。

    重要

    Red Hat のサポートを受けるには、読み取り専用 のチェックボックスを選択したままにする必要があります。
  6. オプションとして、認証が必要 のチェックボックスを選択して、外部ネットワークプロバイダーの ユーザー名パスワードテナント名認証 URL を入力します。
  7. 認証情報をテストします。
    1. テスト をクリックし、提供した認証情報を使用して外部ネットワークプロバイダーと正しく認証できるかどうかをテストします。
    2. 外部ネットワークプロバイダーが SSL を使用している場合には プロバイダー証明書のインポート ウィンドウが開きます。OK をクリックして外部ネットワークプロバイダーの提供する証明書をインポートして、Manager がそのインスタンスを通信できるようにします。
外部ネットワークプロバイダーが Red Hat Virtualization Manager に追加されました。そのプロバイダーが提供するネットワークを使用する前には、ホストに仮想インターフェースドライバーをインストールして、ネットワークをインポートする必要があります。ネットワークのインポートの方法については、「外部プロバイダーからのネットワークのインポート」を参照してください。

12.2.7. プロバイダーの追加の全般設定

プロバイダーの追加 ウィンドウの 全般 タブでは、外部プロバイダーの主要な情報を登録することができます。

表12.1 プロバイダーの追加: 全般設定

設定
説明
名前
Manager で表示されるプロバイダーの名前
説明
プレーンテキスト形式の人間が判読できるプロバイダーの説明
タイプ
外部プロバイダーのタイプ。この設定を変更すると、プロバイダー設定で表示されるフィールドが変わります。
Foreman/Satellite
  • プロバイダーの URL: Satellite インスタンスをホストするマシンの URL または完全修飾ドメイン名。URL または完全修飾ドメイン名の末尾にポート番号を付ける必要はありません。
  • 認証が必要: そのプロバイダーに認証が必要かどうかを指定することができます。Foreman/Satellite が選択されている場合には、認証は必須です。
  • ユーザー名: Satellite インスタンスへ接続するためのユーザー名。このユーザー名は、Satellite インスタンス上のプロビジョニングポータルへのログインに使用するユーザー名である必要があります。デフォルトでは、このユーザー名は admin です。
  • パスワード: 上記のユーザーを認証するパスワード。このパスワードは、Satellite インスタンス上のプロビジョニングポータルへのログインに使用するパスワードである必要があります。
OpenStack Image
  • プロバイダーの URL: OpenStack Image サービスをホストするマシンの URL または完全修飾ドメイン名。URL または完全修飾ドメイン名の末尾に OpenStack Image サービスのポート番号を付ける必要があります。デフォルトでは、このポート番号は 9292 です。
  • 認証が必要: OpenStack Image サービスへのアクセスに認証が必要かどうかを指定することができます。
  • ユーザー名: OpenStack Image サービスに接続するためのユーザー名。このユーザー名は、OpenStack Image サービスがメンバーとなっている Keystone インスタンスに登録済みの OpenStack Image サービスのユーザー名である必要があります。デフォルトでは、このユーザー名は glance です。
  • パスワード: 上記のユーザーを認証するパスワード。このパスワードは、OpenStack Image サービスがメンバーとなっている Keystone インスタンスに登録済みの OpenStack Image サービスのパスワードである必要があります。
  • テナント名: OpenStack Image サービスがメンバーとなっている OpenStack テナント。デフォルトでは、services です。
  • 認証 URL: OpenStack Image サービスが認証を行う Keystone サーバーの URL とポート
OpenStack Networking
  • ネットワークプラグイン: OpenStack Networking サーバーに接続するネットワークプラグイン。オプションは Open vSwitch のみで、デフォルトで選択されます。
  • プロバイダーの URL: OpenStack Networking インスタンスをホストするマシンの URL または完全修飾ドメイン名。この URL または完全修飾ドメイン名の末尾には OpenStack Networking インスタンスのポート番号を付ける必要があります。デフォルトでは、このポート番号は 9696 です。
  • 読み取り専用: OpenStack Networking インスタンスを管理ポータルから変更できるかどうかを指定することができます。
  • 認証が必要: OpenStack Networking サービスへのアクセスに認証が必要かどうかを指定することができます。
  • ユーザー名: OpenStack Networking インスタンスに接続するためのユーザー名。このユーザー名は、OpenStack Networking インスタンスがメンバーとなっている Keystone インスタンスに登録済みの OpenStack Networking のユーザー名である必要があります。デフォルトでは、このユーザー名は neutron です。
  • パスワード: 上記のユーザーを認証するパスワード。このパスワードは、OpenStack Networking インスタンスがメンバーとなっている Keystone インスタンスに登録済みの OpenStack Networking のパスワードである必要があります。
  • テナント名: OpenStack Networking インスタンスがメンバーとなっている OpenStack テナント。デフォルトでは、services となります。
  • 認証 URL: OpenStack Networking インスタンスが認証を行う Keystone サーバーの URL とポート
OpenStack Volume
  • データセンター: OpenStack Volume ストレージボリュームがアタッチされるデータセンター
  • プロバイダーの URL: OpenStack Volume インスタンスをホストするマシンの URL または完全修飾ドメイン名。この URL または完全修飾ドメイン名の末尾には OpenStack Volume インスタンスのポート番号を付ける必要があります。デフォルトでは、このポート番号は 8776 です。
  • 認証が必要: OpenStack Volume サービス へのアクセスに認証が必要かどうかを指定することができます。
  • ユーザー名: OpenStack Volume インスタンスに接続するためのユーザー名。このユーザー名は、OpenStack Volume インスタンスがメンバーとなっている Keystone インスタンスに登録済みの OpenStack Volume のユーザー名である必要があります。デフォルトでは、このユーザー名は cinder です。
  • パスワード: 上記のユーザーを認証するパスワード。このパスワードは、OpenStack Volume インスタンスがメンバーとなっている Keystone インスタンスに登録済みの OpenStack Volume のパスワードである必要があります。
  • テナント名: OpenStack Volume インスタンスがメンバーとなっている OpenStack テナント。デフォルトでは、services です。
  • 認証 URL: OpenStack Volume インスタンスが認証を行う Keystone サーバーの URL とポート
VMware
  • データセンター: VMware 仮想マシンのインポート先となるデータセンターを指定するか、任意のデータセンター を選択して個々のインポート操作中にインポート先のデータセンターを指定するようにします (仮想マシン タブの インポート 機能を使用)。
  • vCenter: VMware vCenter インスタンスの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名
  • ESXi: 仮想マシンのインポート元となるホストの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名
  • データセンター: 指定した ESXi ホストが属するデータセンターの名前
  • クラスター: 指定した ESXi ホストが属するクラスターの名前
  • SSL 認証: ESXi ホストの証明書を接続時に確認するかどうかを指定します。
  • プロキシーホスト: 選択したデータセンターで、仮想マシンのインポート操作中にホストとして機能する、virt-v2v をインストール済みのホストを指定します。このホストは、VMware vCenter 外部プロバイダーのネットワークに接続可能である必要もあります。任意のデータセンター を選択した場合は、ここでホストを指定することはできませんが、個々のインポート操作中にホストを指定することが可能です (仮想マシン タブの インポート 機能を使用)。
  • ユーザー名: VMware vCenter インスタンスに接続するためのユーザー名。ユーザーは、VMware データセンターと仮想マシンが属する ESXi ホストへのアクセスが可能である必要があります。
  • パスワード: 上記のユーザーを認証するパスワード
外部ネットワークプロバイダー
  • プロバイダーの URL: 外部ネットワークプロバイダーのインスタンスをホストするマシンの URL または完全修飾ドメイン名。URL または完全修飾ドメイン名の末尾に外部ネットワークプロバイダーのポート番号を付ける必要があります。デフォルトでは、このポート番号は 9696 です。
  • 読み取り専用: 外部ネットワークプロバイダーを管理ポータルから変更できるかどうかを指定することができます。
  • 認証が必要: 外部ネットワークプロバイダーへのアクセスに認証が必要かどうかを指定することができます。
  • ユーザー名: 外部ネットワークプロバイダーに接続するためのユーザー名
  • パスワード: 上記のユーザーを認証するパスワード
  • 認証 URL: 外部ネットワークプロバイダーが認証を行う認証サーバーの URL とポート
テスト
指定した認証情報をテストすることができます。このボタンは、全プロバイダータイプで利用することができます。

12.2.8. プロバイダーエージェント設定の設定値

プロバイダーの追加 ウィンドウの エージェントの設定 タブでは、ユーザーはネットワークプラグインに関する詳細を登録することができます。このタブは、OpenStack Networking プロバイダータイプでのみ使用することができます。

表12.2 プロバイダーの追加: 全般設定

設定
説明
インターフェースマッピング
label:interface 形式のマッピングのコンマ区切りリスト
ブローカータイプ
OpenStack Networking インスタンスが使用するメッセージブローカーのタイプ。RabbitMQ または Qpid を選択します。
ホスト
メッセージブローカーがインストールされているマシンの URL または完全修飾ドメイン名
ポート
上記のホストと接続するリモートポート。このポートはデフォルトでは、ホストで SSL が有効化されていない場合には 5762、有効化されている場合には 5761 です。
ユーザー名
OpenStack Networking インスタンスを上記のメッセージブローカーで認証するためのユーザー名。デフォルトではこのユーザー名は neutron です。
パスワード
上記のユーザーを認証するパスワード

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。