パート I. Red Hat Virtualization 環境の管理とメンテナンス

Red Hat Virtualization 環境を継続的に稼働させるには管理者が必要です。管理者のタスクには、以下が含まれます。
  • ホストや仮想マシンなどの物理/仮想リソースの管理。これには、ホストのアップグレードや追加、ドメインのインポート、異種のハイパーバイザーで作成された仮想マシンの変換、仮想マシンプールのメンテナンスなどが含まれます。
  • 1 台のホストに対する過度の負荷やメモリー/ディスク容量の不足などの潜在的な問題を特定するためのシステムリソース全体のモニタリングと必要措置の実施 (例: 仮想マシンを別のホストに移行して負荷を軽減したり、マシンをシャットダウンしてリソースを解放したりするなど) 。
  • 仮想マシンの新規要件への対応 (例: オペレーティングシステムのアップグレード、追加メモリー割り当てなど)。
  • タグを使用してカスタマイズしたオブジェクトプロパティーの管理
  • 公開ブックマークとして保存した検索の管理
  • ユーザー設定の管理やパーミッションレベルの設定
  • 特定のユーザー、仮想マシン、またはシステム全体の機能のトラブルシューティング
  • 一般レポートおよび明細レポートの生成

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。