B.4. Red Hat Virtualization Manager で非管理ネットワークを使用するように設定する方法

データセンター内の各ホストがデフォルトのネットワークとして、 デフォルト管理ネットワーク (ovirtmgmt) の代わりに非管理ネットワークを使用するように設定することができます。default_route のプロパティーは、管理ポータルからホストのネットワークインターフェースカードに定義されます。default_route キーは、デフォルトでは利用できないので、engine 設定ツールを使用して Manager に追加する必要があります。以下のコマンドを実行すると、default_route がすでに有効化されているかどうかを確認することができます。
# engine-config -g UserDefinedNetworkCustomProperties

手順B.3 Manager に default_route キーを追加する手順

  1. Manager で以下のコマンドを実行してキーを追加します。
    # engine-config -s # engine-config -s UserDefinedNetworkCustomProperties='default_route=^(true|false)$'
    # engine-config -g UserDefinedNetworkCustomProperties
  2. ovirt-engine サービスを再起動します。
    # systemctl restart ovirt-engine
default_route キーが管理ポータルで利用できるようになりました。非管理ネットワークを定義するには、「ホストネットワークインターフェースの編集とホストへの論理ネットワークの割り当て」を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。