第3章 QoS (Quality of Service)

Red Hat Virtualization では、環境内のリソースがアクセス可能な入出力、処理、ネットワークの各機能のレベルに対する粒度の高い制御を提供する QoS エントリーを定義することができます。QoS エントリーはデータセンターレベルで定義され、クラスターおよびストレージドメイン下で作成されるプロファイルに割り当てられます。このプロファイルは、作成元のクラスターおよびストレージドメイン内の個別のリソースに割り当てられます。

3.1. ストレージ QoS

ストレージ QoS は、ストレージドメイン内の仮想ディスクのスループットの最大レベルと、入出力操作の最大レベルを定義します。仮想ディスクにストレージの QoS を割り当てると、ストレージドメインのパフォーマンスが微調整されるとともに、特定の仮想ディスクに伴うストレージの操作により同じストレージドメイン内でホストされる他の仮想ディスクに提供されるストレージ機能に影響が及ばないようにすることができます。

3.1.1. ストレージ QoS エントリーの作成

ストレージ QoS エントリーを作成します。

手順3.1 ストレージ QoS エントリーの作成

  1. データセンター リソースタブをクリックして対象のデータセンターを選択します。
  2. 詳細ペインで QoS タブをクリックします。
  3. ストレージ をクリックします。
  4. 新規作成 をクリックします。
  5. QoS 名 のフィールドに QoS エントリーの名前を入力します。
  6. 説明 フィールドに QoS エントリーの説明を入力します。
  7. スループットの QoS を指定します。
    1. スループット のチェックボックスを選択します。
    2. 合計 のフィールドに総スループットの最大許容値を入力します。
    3. 読み取り フィールドに読み取り操作の最大許容スループットを入力します。
    4. 書き込み フィールドに書き込み操作の最大許容スループットを入力します。
  8. 入出力の QoS を指定します。
    1. IOps のチェックボックスを選択します。
    2. 合計 のフィールドに入出力操作の最大許容数を入力します。
    3. 読み取り のフィールドに入力操作の最大許容数を入力します。
    4. 書き込み のフィールドに出力操作の最大許容数を入力します。
  9. OK をクリックします。
ストレージ QoS エントリーが作成されました。このエントリーをベースにして、そのデータセンターに属するデータストレージドメインにディスクプロファイルを作成することができます。

3.1.2. ストレージ QoS エントリーの削除

既存のストレージ QoS エントリーを削除します。

手順3.2 ストレージ QoS エントリーの削除

  1. データセンター リソースタブをクリックして対象のデータセンターを選択します。
  2. 詳細ペインで QoS タブをクリックします。
  3. ストレージ をクリックします。
  4. 削除するストレージ QoS エントリーを選択します。
  5. 削除 をクリックします。
  6. プロンプトが表示されたら OK をクリックします。
ストレージ QoS エントリーが削除され、使用できなくなりました。いずれかのディスクプロファイルがこのエントリーをベースにしていた場合には、それらのプロファイルのストレージ QoS エントリーは自動的に [無制限] に設定されます。