第7章 ホスト

7.1. ホストについて

ホストとは、仮想マシンを実行する物理サーバーで、ハイパーバイザーとしても知られています。Kernel-based Virtual Machine (KVM) と呼ばれる読み込み可能な Linux カーネルモジュールを使用することにより、完全仮想化が提供されます。
KVM は、Windows または Linux オペレーティングシステムを実行する複数の仮想マシンを同時に実行することができます。仮想マシンは、ホストマシン上で個別の Linux プロセスおよびスレッドとして実行され、Red Hat Virtualization Manager によってリモートで管理されます。Red Hat Virtualization 環境には、単一または複数のホストをアタッチすることができます。
Red Hat Virtualization はホストのインストールで 2 つのメソッドをサポートしており、Red Hat Virtualization Host (RHVH) インストールメディアを使用する方法または標準の Red Hat Enterprise Linux の環境にハイパーバイザーのパッケージをインストールする方法のいずれかを使用することができます。

注記

Red Hat Virtualization Manager で個々のホストのホストタイプを特定することができます。ホストを選択して、詳細ペインの 全般 タブの下の ソフトウェア をクリックして、OS の説明 を確認します。
ホストは、tuned プロファイルを使用して仮想化を最適化します。tuned に関する詳しい情報は、Red Hat Enterprise Linux 7 パフォーマンスチューニングガイドを参照してください。
Red Hat Virtualization Host にはセキュリティー機能が有効化されています。Security Enhanced Linux (SELinux) および iptables ファイアウォールがデフォルトで完全に設定済みで、有効な状態となっています。選択したホストの SELinux ステータスは、詳細ペインにある 全般 タブの SELinux モード に表示されます。Manager が Red Hat Enterprise Linux ホストを環境に追加する際には、そのホスト上の必要なポートを開くことができます。
ホストは、Red Hat Enterprise Linux 7 (AMD64/Intel 64 バージョン) を実行する Intel VT または AMD-V 拡張機能搭載の 64 ビットの物理サーバーです。
Red Hat Virtualization プラットフォームの物理ホストの要件は次のとおりです。
  • システム内の単一のクラスターのみに属していること。
  • AMD-V または Intel VT ハードウェア仮想化拡張機能をサポートする CPU が搭載されていること。
  • クラスター作成時に選択した仮想 CPU タイプで公開される全機能をサポートする CPU が搭載されていること。
  • 最小で 2 GB の RAM が搭載されていること。
  • システムパーミッションを持つシステム管理者を 1 名指定可能であること。
管理者は、Red Hat Virtualization のウォッチリスト (rhev-watch-list) から最新のセキュリティーアドバイザリーを受信することができます。Red Hat Virtualization 製品に関するセキュリティーアドバイザリーをメールで受信するには、Red Hat Virtualization ウォッチリストをサブスクライブします。以下のフォームで登録してください。