第17章 イベント通知

17.1. 管理ポータルでのイベント通知の設定

概要

Red Hat Virtualization Manager が管理する環境内で特定のイベントが発生した場合には、Red Hat Virtualization Manager は指定したユーザーにメールで通知することができます。この機能を使用するには、メール転送エージェントを設定する必要があります。管理ポータルで設定できるのは、メール通知のみです。Manager のマシンで、SNMP トラップを設定する必要があります。

手順17.1 イベント通知の設定

  1. 適切な変数を使用してメール転送エージェントを設定します。
  2. ユーザー リソースタブ、ツリーモード、または検索機能を使用して、結果一覧に表示された候補の中から、イベント通知の送信先となるユーザーを選択します。
  3. 詳細ペインの イベント通知機能 タブをクリックすると、ユーザーが通知を受けるイベントが表示されます。そのユーザーにイベント通知を設定していない場合には、この一覧は空欄となります。
  4. イベントを管理 をクリックすると、イベント通知の追加 ウィンドウが開きます。
    イベント通知の追加のウィンドウ

    図17.1 イベント通知の追加のウィンドウ

  5. すべてを展開 ボタンまたはカテゴリー別の展開ボタンを使用してイベントを表示します。
  6. 該当するチェックボックスを選択します。
  7. メール受信者 のフィールドに電子メールアドレスを入力します。
  8. OK をクリックして変更を保存し、ウィンドウを閉じます。
  9. Red Hat Virtualization Manager で ovirt-engine-notifier サービスを追加して起動すると、変更した内容が有効になります。
    # systemctl daemon-reload
    # systemctl enable ovirt-engine-notifier.service
    # systemctl restart ovirt-engine-notifier.service
結果

Red Hat Virtualization 環境のイベントに基づいて、指定したユーザーに電子メールが送信されるようになりました。選択したイベントは、そのユーザーの イベント通知機能 タブに表示されます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。