付録G システムアカウント

G.1. システムアカウント

G.1.1. Red Hat Virtualization Manager のユーザーアカウント

rhevm パッケージのインストール時には、Red Hat Virtualization をサポートするための複数のシステムユーザーアカウントが作成されます。各システムユーザーにはデフォルトのユーザー ID (UID) があります。以下のシステムユーザーアカウントが作成されます。
  • vdsm ユーザー (UID 36)。NFS ストレージドメインのマウントやアクセスを行うサポートツールに必要です。
  • ovirt ユーザー (UID 108)。ovirt-engine Red Hat JBoss Enterprise Application Platform インスタンスの所有者。
  • ovirt-vmconsole ユーザー (UID 498)。ゲストのシリアルコンソールに必要です。

G.1.2. Red Hat Virtualization Manager のグループ

rhevm パッケージのインストール時には、Red Hat Virtualization をサポートするための複数のシステムユーザーグループが作成されます。各システムユーザーグループにはデフォルトのグループ ID (GID) があります。以下のシステムユーザーグループが作成されます。
  • kvm グループ (GID 36)。グループメンバーは以下のとおりです。
    • vdsm ユーザー
  • ovirt グループ (GID 108)。グループメンバーは以下のとおりです。
    • ovirt ユーザー
  • ovirt-vmconsole グループ (GID 498)。グループメンバーは以下のとおりです。
    • ovirt-vmconsole ユーザー

G.1.3. 仮想化ホストのユーザーアカウント

vdsm および qemu-kvm-rhev パッケージのインストール時には、仮想化ホスト上に複数のシステムユーザーアカウントが作成されます。各システムユーザーにデフォルトのユーザー ID (UID) があります。以下のシステムユーザーアカウントが作成されます。
  • vdsm ユーザー (UID 36)
  • qemu ユーザー (UID 107)
  • sanlock ユーザー (UID 179)
  • ovirt-vmconsole ユーザー (UID 498)

重要

割り当てられるユーザー識別子 (UID) とグループ識別子 (GID) はシステムによって異なります。vdsm ユーザーの UID は 36 に、kvm グループの GID は 36 にそれぞれ固定されます。
システム上の別のアカウントで UID 36 または GID 36 をすでに使用している場合は、vdsm および qemu-kvm-rhev パッケージのインストール中に競合が発生します。

G.1.4. 仮想化ホストのグループ

vdsm および qemu-kvm-rhev パッケージのインストール時には、仮想化ホスト上に複数のユーザーグループが作成されます。各システムユーザーグループにデフォルトのグループ ID (GID) があります。以下のシステムユーザーグループが作成されます。
  • kvm グループ (GID 36)。グループメンバーは以下のとおりです。
    • qemu ユーザー
    • sanlock ユーザー
  • qemu グループ (GID 107)。グループメンバーは以下のとおりです。
    • vdsm ユーザー
    • sanlock ユーザー
  • ovirt-vmconsole グループ (GID 498)。グループメンバーは以下のとおりです。
    • ovirt-vmconsole ユーザー

重要

割り当てられるユーザー識別子 (UID) とグループ識別子 (GID) はシステムによって異なります。vdsm ユーザーの UID は 36 に、kvm グループの GID は 36 にそれぞれ固定されます。
システム上の別のアカウントで UID 36 または GID 36 をすでに使用している場合は、vdsm および qemu-kvm-rhev パッケージのインストール中に競合が発生します。